fiiney と絵本で英語れんしゅう

幼児から中学生までの英語練習で、絵本やCDを通した実際の活動や問題を紹介!海外旅行の話も書いています

"100 WORDS KIDS NEED TO READ"を参考にSVOC 「~するのを手伝う」の言い方練習/ 親子英語

Hello, there!  How have you been?  I'm so happy to be with you  !

今日は SVOC の文で、声かけ英語を作ってみます。

help を使った簡単なの文なので、ぜひ日常で使ってくださいな。

 

「SVOC なんて聞くと難しそう」、「原形不定詞とか、もう忘れた」という方も多いと思います。でも並びは単純なので大丈夫です。簡単な単語ばかりなのに一瞬とまどう、そういう文を理解できたら素敵だと思いませんか。

一緒に練習しましょう!

 

参考にする教材は SCHOASTIC の

" 100 WORDS KIDS NEED TO READ by 1st GRADE" 

  

「Oが~するのを手伝う」の文は原形不定詞が使える

SVOC 懐かしい文法用語ですね。

Cは補語 なので、基本の使い方は O=C となるパターンです。

I named my dog Pochi ( 僕の犬をポチと名づけました)

O ( my dog ) C ( Pochi ) ですね。

 

その他に、使役動詞 ( ~させる )も 原形不定詞をとり、SVOC の形を作れます。

She always  makes me happy. 

( 彼女はいつも私を楽しくさせる ) me =happy

 

そして、help も原形不定詞をとります

「人が~するのを手伝う」という意味になりますね。

He helped me cook lunch.

彼は、私がお昼ごはんを作るのを手伝ってくれた

(  me が cook lunch するのを手伝う )

日本語だと助詞がたくさんつきますが、英語では順番に理解していくので、ずいぶんとあっさりしていますね。

 

今日ご紹介するスカラスティックの本にも、この形の文が何度も出てきます。

例えば

" Help the dog find its bone."

" Help me find my cat ! "

" Help the frawn cross the stream to its mother."

 

上から「犬が骨を見つけるのを手伝って」

「私のネコを見つけるのを手伝って」

3つめの文はそのまま直訳すると

手伝って、frawnが 

小川を渡るのを、お母さんへ向けて

きれいな日本語にすると

こじかが、お母さんのところへ行くのに小川を渡るのを手伝ってあげて」という意味です。

 

目的語が省略されることもある

よく文法書で見かけるこんな説明ですが

ありましたよ、この本にも!

" Help save the prince ! "  by 100 word's kids need to read

「王子様を救うのを手伝って!」

という意味です。「人が~するのを手伝う」の「人」の部分が省略されています。

絵では、王子の隣にお姫さまがロープを持って立っています。

彼女が王子を助けるのを、手伝ってほしいのですね。

 

子どもへの声かけに使ってみよう!

ではお子さんとの日常の中で、言いそうな文を作ってみましょう!

 

・テーブルの用意を手伝って ( 夕飯の支度に )

・部屋をきれいにするのを手伝って

・弟が服を着るのを手伝って

・アキちゃんが道を渡るのを手伝って

さあ、どうでしょう?

きっと完璧ね!

 

 Help me set the table.

Help me clean up the room.

Help your brother put on his clothes.

Help Aki cross the street.

 

言い慣れると、すぐに口から出そうですね!

 

この本では、他にも楽しいタスクがたくさんあります。カラフルで、写真も多く、楽しい本なので、お勧めです。

本の紹介: 初級~上級まで頻出語をたのしく練習できる

例えば、at ゃ from,  for  など、短くてとってもよく出てくる語

読めるけど、いざ作文すると、バンバン抜けてしまう単語です

これらを練習させてくれるのです!

and,   my,  by,  do や did もありますよ

英語歴3年くらいの日本の子供たちにぴったり

文法順には出てきません。

この「100語」は日常で英語を使っている英語圏の一年生が、読めなくちゃいけない単語たちなのです。

 これらはちょうど、英語を習い始めて3年くらいたった日本の子供たちにぴったりです

 

初級レベルには、色や数、形容詞の簡単なワークがあります

上級には手渡すだけでOK。指示文も解明してもらいましょう

この指示文、お母さん英語にも役立ちますよ

 

少し覗いてみましょう

 

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade

 

 

 

読める質問文で満足度 UP!!

一ページ完結のワークで、質問も全て英語で書かれています

英検の4級が終わったくらいで読めるものがたくさんあります

 

例えば

Write the word "He " on the lines.

( 線の上に、He と書きなさい )

Circle the word "they" in the sentences.

( 文中の They という語を丸で囲みなさい )

 

塗りなさい、囲みなさい、線で結びなさい、などは

繰り返し出てきますのですぐ慣れますよ

そうすると、こんな文も理解するようになるんです

 

Color the fish that have 7 black stripes green.

( 7本の黒い縞がついてる魚を、緑色に塗りなさい )

 

素敵だと思いませんか?

これを子供が、「ああ、そういうことね」ってスラスラ問題に

とりかかるなんて!

 

大人も楽しめる、韻を踏んだ文

問題は決して難しくないですが、

全体が「英語」らしい発想で書かれています。

まさに、異文化に触れる体験です。

そしてこのボリューム。たくさんの英語に触れることができます。

 

Group 1 に過去形も入っています

単語が6つのグループに分かれていて

難易度も、いわゆる学校の教科書とは違います

子どもがよく使う順でしょう

Group 1 に、三単現の has や 過去の was も

入っていますからね!

切り取って作るミニブックも組み込まれていますよ

絵や写真はとってもかわいいです

どうぞ、好きなところから!

4級が終わったレベルなら、8割がたいけます!

 

最後までありがとうございました。

今日は、「~するのを手伝って」の文と、大好きなスカラスティックの本をご紹介しました。

ではまた! See you soon!