fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

help +人は to 不定詞も原形不定詞もOK。慣れるためのかわいいワーク本も!

Hello, there!  

今日は help の使い方。子供が慣れるのに使っているかわいい本もご紹介します。

 

help は to 不定詞も、原形不定詞もどちらもとりますが、今回のメインは原形不定詞。

 

これに子どもがドンドン慣れます。

中学生くらいで、ビートルズの「help!」の意味もとれるようになって、なかなかカッコいいのですよ。

 

* この記事は以前の「~するのを手伝う」 の記事を「help 」に焦点をあてて修正したものです。  

 

  

「help +人」後は to 不定詞も動詞の原形のみもOK

help は後ろに目的語 ( 人、モノ ) が来る動詞。

 

I helped my sisiter.

私は妹を手伝った。

 

これに to 不定詞 をつけると

「妹が~するのを手伝った」という意味になります。

 

I helped my sister to cook dinner.

私は手伝った 妹が 料理するのを

 

 want,  ask,  なども同じ形でよく使われます。

 

Do you want me to go with you?

( 私に、あなたと一緒に行ってほしいの? )

 

I asked him to call John later.

( 私は彼に、あとでジョンに電話するよう頼んだ )

 

 

 ところが help 動詞の原形もとります。

< 例>

He helped me bring out the chairs.

彼は、私が椅子を運び出すのを手伝ってくれた

 

He helped me decorate our classroom.

彼は、私が教室を飾るのを手伝ってくれた

 

( 優しいね )

 

この使い方は文法書「Grammar in use」の中にも記述があります。

 

 

 After help, you can use the verb with or without to.  So you can say:

Can you help me to move this table?   or

Can you help me move this table?

--Grammar in use より

 

help は、to動詞の原形、または動詞の原形のみのどちらもOK。 

英検や本の中でも「help +人+動詞の原形」をよく目にしますね。

 

「総合英語 be 」によると「to 不定詞より、一緒にその行為をするニュアンスが出る」ということです。

  

 

子どもが help+人+動詞の原形に慣れるワーク本

 

私が気に入っているのは、スカラスティックのワーク本です。

 

" 100 WORDS KIDS NEED TO READ by 1st GRADE

 SCHOASTIC

 

ここには、この形の文が何度も出てきます。

 

例えば

" Help the dog find its bone."

犬が骨を見つけるのを手伝ってあげて

 

" Help me find my cat ! "

私の猫を見つけるのを手伝って!

 

 それぞれ、かわいい迷路の題名なのです。

 

中学生になったら、迷路は ( やってもいいけれどね ) さておき、題名やディレクションを読むために使います。

 

上の例文も、目的語が他者だったら「手伝ってあげてね」ですが、「me」だったら

「手伝ってください」となりますね。

 

そのあたりを子供たちと確認しながら、進めることができます。

 

複雑な文を理解できるようになると自信がつくようです。

 

" Help the frawn cross the stream to its mother."

 子鹿が、お母さんのところへ行くのに小川を渡るのを手伝ってあげて

 

素晴らしいですね。

 

単語やダイレクションは3級レベル

 

この本は、ネイティブの幼児が文字を読めるようになるためのワークですから、対象となる単語は易しいものが多いです。

 

こんな語も混じっています

例:

chores      お手伝い

knight     騎士

described    説明された

figure out   見つけ出す

science experiments    理科の実験

 

f:id:fiineytoeigo:20200819092854j:plain

100words KIDS NEED TO READ より

 

ディレクション ( 指示説明 )は、ちょうど英検3級程度。

  

help を使った文で、もうひとつ引用してみます。

 

 

 Help the space creature fly home.

Draw a line connecting the words I and am to get to the planet.

 

--100 WORDS KIDS NEED TO READ by 1st FRADE より

 

「宇宙人が家に帰るのを手伝ってあげてください

その星につくように「I」と「am」をつないでいる線を描いてね」

 

現在分詞や不定詞、home を副詞として使う ( fly home ) などに、楽しく、多く接することができます。

 

中学生になったらHelp! を歌ってみよう

 

「help 人 原形不定詞」に慣れるころには、英検も視野に入っていることでしょう。

中学生になっているかもしれません。

 

たまには気晴らしに、歌を歌ってみるのもいいですね。

うちではビートルズの「Help!」を選んでいます。

 

Help me if you can, I'm feeling down

And I do appreciate you being 'round

Help me get my feet back on the ground

Won't you please, please help me?

 

できたら助けてほしい

がっくりしちゃってるんだ

君がそばにいると本当に嬉しいんだ

ちゃんと立ち直れるよう手伝ってほしい

どうか、助けてくれないか?

 

中学生は、こういう歌が胸に響くお年頃。

get my feet back = ( 病気などから ) 回復する

 

辛いときってあるよね。そういうときには、Help! って叫んだっていい。

 

私が中学生の時 ( おっと、40年前?? ) 「yesterday」を授業で歌いましたが、つい最近も「let it be 」を歌ったと生徒さんが言っていました。

 

「なんか、はまったわ」と。

いつの時代も、ビートルズの歌は若い心を掴みますね。

 

まとめ

子どもにとって「語順」は、英語を理解するのに大切なポイントです。

 

どんなに長い文もあきらめずについていけるのは

・ある程度単語力がある

・接続詞の意味に敏感

・英語の語順に慣れている子供たち、だと感じます。

 

今回取り上げたような「help」 の使い方は、中学では習わないけれど、頻出の文なので、いろんなところで目にします。

 

to 不定詞も原形不定詞もOK なのだと、理解してしまうといいですね。

 

うちではこのかわいいワークで、使い方に慣れています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。 

 

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade

100 Words Kids Need to Read by 1st Grade

 

 

 それではまた。See you soon!