fiiney と絵本で英語れんしゅう

幼児から中学生までの英語練習で、絵本やCDを通した実際の活動や問題を紹介!海外旅行の話も書いています

子供と一緒に楽しもう!リスニングと発音の練習にディズニーのビデオを使う

こんにちは!フィーニィです

英語のリスニング力強化と、発音をよくするために

ぜひおすすめしたい方法があります。

私も今でもときどき実践します。好きなので(*^-^*)

それはディズニーの DVD です!

特に Cinderella と Snow White がおすすめ。

どうしてこの2本を選んだのか、どうやって使うのかなど書きたいと思います。

 

 

白雪姫 プレミアム・エディション [DVD]

白雪姫 プレミアム・エディション [DVD]

 

 

注意点 : 聞けなくていい部分は気にしない

この二本を練習として使うときに注意することがあります。

まず音声が古く、学習用に作られていないので聞き取りにくいところがあること。

ナレーションは早いし、小さく言うところはとことん小さく言っているのでほとんど聞こえません。また動物や小人たちのセリフは、声の出し方や喋り方に特徴がありすぎて、日本人の私達にはほとんど聞き取れません。

また、小人たちのセリフは( わざとそう作っているのですが ) 文法上の間違えも ありますので参考になりません。

単語も majesty やら your highness 、throne やら、聞き慣れないものも出てきます。これらは絵本の中では時おり目にしますが、日常ではあまり使いませんね。

ですからそういうところは初めから除外します。

 

小人や動物のセリフ、ナレーションは聞こうと思わないでいい。

それらを省いても、これらのDVDは練習用にとてもいいです

 

Cindrella を練習に使う理由

リマスターされて映像も美しく見やすいし、何よりシンデレラのセリフが聞きやすいと思います。シンデレラのセリフの特徴は

✔ 比較的ゆっくりである

シンデレラは辛い環境にもめげずに、毎日を辛抱強く丁寧に、そして夢見がちに生きています。そういう設定だからでしょう、彼女のセリフはゆったりと、おおらかに発話されています。

✔ セリフが上品で、怒っている場面でも口調が穏やか

シンデレラのセリフは全体を通して上品で文法も正しく、まさに母親が家で使うにはぴったりだと思います。例えば、意地悪な猫のルシァーをたしなめる時の

Lucifer! という口調や、もう片方の足、という意味でいう "another one" なども抑制がきいていて、子どもをたしなめる言い方のお手本になります。

✔ シンデレラの発音がきれい

シンデレラの発音はとても綺麗。例えば 「新しい一日を始める」というところの start という語ですが、ar の部分の舌の巻き方が品よく、最後の t も心地よく聞こえます。よく知っている単語で、言い方が日本語と違うものこそ、お手本にするといいですね。

✔ 動物に対する口調は、子どもに対して言うときのお手本になる

ネズミたちに向かって言う「どうしてそれをはやく言わないの?」とか、こっちがいいかしら、とか「朝ごはんよ」とか、他にもお願いするときの言い方など、口調が参考になります。自然な会話で、ゆったりめで、しかも子供に向かって言うようなセリフがたくさんあるのです。

 

シンデレラ [DVD]

シンデレラ [DVD]

 

Snow White は日常会話が豊富

白雪姫は小さな可愛い女の子なのですが、こちらもお姫さまなので口調は優しく簡潔なセリフが多いです。物語の前半はご存じの通り、命を狙われた白雪姫が森に逃げて、そこに住む小人たちと出会い、暮らしていく、というもの。そこがねらい目です

 

✔ 知り合っていく過程のセリフがいい

白雪姫は家の中の様子から小人たちのなりを想像していたので、推測のセリフも多いです。

「~かしら/ でしょう?」とか「~にちがいないわ」、「~という意味かしら?」などのセリフは物語の中で知ると使い方を間違えないようになります。

例えば、You mean ~は「…ってこと?/  …なの?」の意味で、相手の言葉を確認する便利な表現です。

 

✔ 家の中での会話が多い

家具の語も多いですし、動物たちとお掃除をするシーンもあります。箒で掃くとか、流しに入れるとか、ラグとか、生活感のある英語が聞こえます。

このシーンの歌も素敵です!

また、食事の用意をしたり、くつろいだりするシーンもあります。

食事の前に白雪姫が言う「手をみせて」は、まるで母親のよう。

 

✔ 小人との会話が自然

例えば、It won't take long. は長くはかからない、という意味でよく耳にする言い回しですが、こういう文こそ、いざ英語にしようと主語をどうするか迷うものです。

You're sure  ~? は、あなたは本当に~?と念を押す表現です。

 " You're sure you'll be OK? " と使います

「ほんとに大丈夫なの?」という意味

Be sure to ~も頻出ですね。「必ず~して」

Be sure to lock the door.  「必ず、鍵を閉めてね」

 

白雪姫 スペシャル・エディション [DVD]

白雪姫 スペシャル・エディション [DVD]

 

 

練習のしかた : リスニング編

使うシーンは自分の好きなところ

もしくは聞きたいところ。一度に長く聞かなくていいです。今日はここ、と決めてもいいですね。字幕も英語にします。

① まずはおおまかに聞く。

頭と目をニュートラルにして、耳だけ集中。

 

② 聞けなかったところは字幕をみる

文が長いなら一時停止して文を確認してから

 

③ 聞けなかったところの前で一時停止

これから出てくる難しい文を頭の中で整理してから聞く。

 

④ 字幕から目を離し、耳で聞く

おおまかに、何を言ってるのか分かればOK!

リスニングは、大まかに何を言っているのか掴み続けるのが目標です。

このシーンと決めて、全体で何を言ってるか分かれば

いいんです!

つながる音、飲み込む音、小さく言う語がある

消えてしまったり、省略されたり、文字として見ると知っている単語なのに、そう言ってない!というような単語ってありますよね。

それがあったらラッキーです!

せっかくあなたが選んだシーンですから、聞きましょう!

繋がる音

going to  ⇒  ゴナ  an hour ⇒ アナアウア

at all    ⇒ アトー   keep it   ⇒ キーピッ

one another   ⇒  ワンナナダァ

come around  ⇒ カマラウン

 

このように語の最後の音と次の母音が繋がることはよくあります。

Keep it up ! ( がんばって) は「きーぴりあっ」って聞こえるほどです。

つながるんだ!と心に留めて聞いてみるといいでしょう

消える音

suddenly ( 突然に) という語があります。

サドンリーとカタカナで言いますが、実際は多くの場合で

サー(ンン) リーと聞こえます。dden の部分は飲み込むように言うのです。

ルンとか、ンン というように聞こえます。というより聞こえない、かな。

しかし、そこには確かな、があるのです。

absolutely の te もそうです。

単語検索して、発音を聞いてみてください。

何年も前ですが、ネイティブの先生が「私達はその小さな間を聞き分けている」と言っていました。身近なところでは、hot もほとんど「ハッ」ですよね。

でもそこには t を言ってるがある!

ぜひ、間を感じてください

とても小さくなる単語もあります

前置詞や、it など、代名詞も小さくなりがちです。

him は、「イム」くらいです。

練習のしかた : スピーキング、発音編

何度も聞いて分かっている文なら、ぜひ一緒に言ってみましょう!

好きなシーンをセットして! 

大切なのは、気持ちを込めること。その状況に自分がいると想定して言いましょう。

声の出し方、息継ぎの箇所、リズムも同じにして言います

シーンを通して、練習したセリフは被せて言いましょう!

 

Don't worry.  It'll be all right. などの短いセリフは日常生活でどんどん使っていきましょう。「かっこよく言える」文が増えていきますよ!

 

英語と日本語は声の出し方が違う気がします。

英語は息をたくさん出していいます。

Hello. は、ハローとも、ヘローとも少し違う。h のハッという息で始まるのです。

 

普通に英会話と言われてもどうしていいか困りますが、アニメ映画ならなりきって練習できます。

プリンセスですからね!

身振り手振りも加えて楽しみましょう!

 

他にも、子どもと遊べる歌を紹介した記事がありますので、お時間のあるときにご覧ください。

 

www.fiineytoeigo.com

 

I'm sure you'll enjoy it.

Have fun! 

ではまた。See you soon.