fiiney と絵本で英語れんしゅう

幼児から中学生までの英語練習で、絵本やCDを通した実際の活動や問題を紹介!海外旅行の話も書いています

イギリス旅行③ 洗練されたバイブリーコート と活気あるボートン・オン・ザ・ウォーター

こんにちは。フィーニィです。

イギリス二泊めは、バイブリーコート・ホテル。

( 2014 年、夏の旅行です)

17世紀、貴族のサー・トーマス・サックヴィルの邸宅だったこの建物は、元はベネディクト派の修道院だったそうです。

どうりで、階段もまっすぐではなくて迷路のように入り組んだ作り。

チェックインして部屋に案内されたけれど、何回か廊下を曲がる毎に不安になり、家族で「いま曲がったとこ覚えといて」目で合図をしながら進んだくらい。

ヘンゼルとグレーテルの気分でした。

それでもとっても素敵なホテル!

f:id:fiineytoeigo:20190811231436j:plain

Bibury Court Hotel

気さくな女性スタッフが、大サイズのスーツケースを運びながら、エレベーターなしの複雑な階段をいくつも上がり、大きなエキストラベッドも笑顔で作って「何でも言ってくださいね」とさらりと笑顔で去っていきました。

あっぱれ!

このホテルを検索すると必ずといっていいほど出てくる写真、ピカピカのバスタブがある部屋。そこは眺めが良く、広いとのこと。

f:id:fiineytoeigo:20190811231608j:plain

the bath tub in the Grand Room

その Grand Room を予約して、唯一心配だったのが

まさか、お風呂はこれだけじゃないよね?

という不安。

ハリウッドじゃあるまいし、他の人間がくつろいでるその脇で ( 確かに広い部屋だけど ) バスタブに浸かる、なんて…ね。

メールで問い合わせて「もちろんシャワールームあります」の返事は受けたものの、実際に見るまで気にかかっていました。

ちゃんとありました!

広くてピカピカの、シャワールーム。

f:id:fiineytoeigo:20190811231706j:plain

the shower room

しかもアメニティが、MOLTON BROWN

英国王室ご用達のブランドのモルトン・ブラウン。綺麗に折りたたまれたタオルと一緒に窓辺に置かれていました。( 外の眺めも輝かしい緑 )

香りも、使い心地も良かった。

f:id:fiineytoeigo:20190811231758j:plain

through the window of the shower room

 

領地はとてつもなく広い。建物を背に、前方は見渡す限りの芝生。右手には小川や橋もある森。建物沿いには、何種類かのガーデン。

「秘密の庭」のような、緑のゲートをくぐるしつらえもあって「この先には何があるんだろう」と興味をそそられます。

f:id:fiineytoeigo:20190811232616j:plain

by the stream in Bibury Court

小川の先の古い橋が、イギリスらしい雰囲気で良かった。

f:id:fiineytoeigo:20190811232815j:plain

a small bridge in Bibury Court

 建物内は、床も壁も石。

ドアがなくて、細くて上が円形の通り抜けになっているところなどに、修道院であった名残を感じます

f:id:fiineytoeigo:20190811234617j:plain

the corridor in Bibury Court

 

 夕食の写真は前回のせたので、朝食を。

そうそう、夕食ではきちんとした服装が必要かと思って、主人はジャケットを、私はワンピースを着てテーブルにつきましたが、そう一組の家族がとてもラフな格好だったので、朝食はのんびりした服にしました。

ここでもシイタケのようなものがでて、あまりに美味しかったので聞いてみる。

" This mushroom is really good.  What kind of mushroom is it? "

" Thank you very much.  Maybe it's ... well,  let me go and ask the cook. "

戻ってきて、 " It's  field mushroom, madam."

field mushroom  ( ハラタケ)

美味しい!日本人に合う味

f:id:fiineytoeigo:20190812000533j:plain

a dish for breakfast

エッグベネディクトのソースも美味しかった。それぞれ、メニューから卵料理と付け合わせを選んだ。

f:id:fiineytoeigo:20190812000728j:plain

Eggs Benedict

そのほかにヨーグルトやフルーツのテーブルが遠くにあって、取りに行くスタイル。

瓶に入ったヨーグルトがとても美味しかった。朝食を食べた部屋は、元は library だったのでしょう。作り付けの本棚が床の位置から頭の上まであって、これもまた素敵でした。クッションも渋め。

f:id:fiineytoeigo:20190812001325j:plain

the table at the breakfast

背の高い、黒服のウエイターが時おり来るだけの、静かで美味しくて、豪華な朝食でした。 毎日こんなだったら、血圧も下がりそう。

バスルームからは広大な芝生が、部屋からの眺めは向いの部屋たちが見えます。

とても、シック。

f:id:fiineytoeigo:20190812112325j:plain

through the window of the room

食事の後は、またアーリントンロゥへ歩いて行ってみる。途中、教会の鐘が鳴っていた。

Arlongton Row は14世紀に建てられた石造りの住宅が並ぶ一区画。ドアも小さく、二階建てなのに低い。絵本やナーサリーライムに描かれている生活が、ここにあったのだろうと思う。

 

坂を上りきると、小さな草むらで牛が休んでいた。

とってものんびりしている。聞こえるのは近くの小川のせせらぎくらい。

 

誰も住んでなかったりしてね。なんて話してたら

きっと住人だろう、長靴姿でバケツを持った若い男性とすれ違う。にっこりと会釈をしてくれる。

住んでた。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20190812002134j:plain

Arlington row

美しい水辺のスワンホテル付近。

f:id:fiineytoeigo:20190812002723j:plain

around the Swan Hotel

 トラウト・ファームのショップでは、ウィリアムモリスのデザインのコースターなど手頃な価格の雑貨を売っていて、1000円くらいの綺麗な指輪を買いました。

大ぶりなデザインが目をひく、キラキラするえんじ色で、今でも「それいいね」と言われて嬉しい。

さて、後ろ髪を引かれながらチェックアウト。

" Please come back soon.  Christmas season is the best. You must see."

行きたかった。心から…

 

さて、寂しさと次の立ち寄り地への期待を胸に、また車で走ります。

次は Bourton on the Water へ。

f:id:fiineytoeigo:20190812112135j:plain

Parking space in Bourton on the Water

無人だけれど有料の広大な駐車場。こんな機器が立ってます。

f:id:fiineytoeigo:20190812112632p:plain

Bourton on the Water

涼し気な並木の間を流れる川の岸辺に、雑貨店やレストランが立ち並ぶ美しい街。

人がたくさんいて活気があります。

f:id:fiineytoeigo:20190812113711p:plain

Bourton on the Water

ワイワイ買い物をした後、人混みの中カフェのテーブルにつき、ほっと一息。

イギリスは食べ物が不味いなんて言葉は当てはまらない!と思ってたのに、とうとう当たってしまいました。

あまり、美味しくないキッシュ。いまひとつなサラダ。

ま、そういうこともあるよね!

 

f:id:fiineytoeigo:20190812114154p:plain

Bourton on the Water

とりあえず、街は美しく楽しかったので笑顔。

次は、これまた楽しみにしている、オックスフォード。

 

緑の多い景色がだんだんと建物の多い街になり、でこぼこ道が舗装された道路になり、信号もでてきた。

ついに赤いバスにも遭遇です。

 

Oxford では、またハリーポッターの撮影地である、ボドリアン図書館にも行きます。

ではまた、See you !

f:id:fiineytoeigo:20190812114747p:plain

the red bus

Bye for now!