fiiney と絵本で英語れんしゅう

幼児から中学生までの英語練習で、絵本やCDを通した実際の活動や問題を紹介!海外旅行の話も書いています

子供英語の始め方。取りかかりはのんびりでも勉強するようになる

こんにちは。フィーニィです。

もしお子さんが幼稚園児か小学生で、英語学習を始めるきっかけを逃して何も触れずにいて、でも何かした方がいいのかしら、と思っていたら。

お教室に通うのは嫌がりそうだし、時間もないし、通信教育も向いてなさそうだったら。

 少し心配になったりしていませんか。

今日は、親も子供も忙しいけど英語を始めたいとお考えの方に、その取り掛かりについて、子ども英語に関わってきた私なりの考えを書きます。長い目で見て子どもが英語好きになれるようなきっかけ作りです。

 

注 : 何か特別な環境にいて、がっちり早期教育したい場合や、何が何でも子供のうちにペラペラに英語が喋れるようにさせたい場合はあてはまりません。

私は、そういうことを言う学校なり教育法はどちらかというと怪しいと考えています。( 理由は後述します )

 

最初の英語はのんびり楽しくでいい

英語学習の道のりは長いです。

もしお子さんにとって大嫌いな道で、イヤイヤ歩くとしたら、それは大変な苦行になるでしょう。

でも逆に「好きな道」だったらどうでしょう?

その子は、時間を見つけては練習し、結果的に「そんなに頑張ってはないけど英語は得意」と感じることになるでしょう。

誰だって、嫌いなことより好きなことに時間を割くもの。

 

ではどうやったら「英語好き」になるか。

プレッシャーの無い状態で触れて、褒めてもらえれば好きになる。そう思います。

「こんな世界もあるんだねぇ」くらいの気持ちでいいのです。

ディズニーの絵本でもいいですね。単語だけの本もあります。

DWE もいいですね。子供が大好きな世界です。もう少しお安かったらなおいいのにと思います。

 

くまのプーさんや、おさるのジョージなどのテレビ番組は最初は日本語で観てもいいでしょう。英語にしても分からないですから。

いつか英語で観てみたいなと思えるものを紹介しておく、くらいの気持ちで良いと思います。

 

い機会が合ったら絵本を手にしてみてください。「テレビで見たね」となれば親近感がわくでしょう。また 絵本独自のタッチや色あいも良いものです。

 

ある小学二年生のクラスで

「おさるのジョージを知っているの? たしか本があったなぁ。ちょっと待ってね」

と出すと「あぁ!黄色い帽子のおじさんだ!」と嬉しそうでした。

「なんかちょっと色が違う。ジョージがちっちゃい」とかなんとか…

ページをめくりながら、目についた名詞や動詞のやりとりをしました。

 

ジョージの文は英検なら準2級くらいなので、最初は単語に焦点をあてるくらいで十分です。このくらいの英語量の本を自らめくるようであれば、( 知ってる単語を発することができたらなおのこと ) 成功だと思います。それが次の「文を読みこむ」ステップの土台になります。

 

ハリーポッターもいいですね。

単語をもじった呪文も多いので、知っていると嬉しいようです。

「あれ?この単語初めて聞いたけど、なんとなく意味がわかる」なんてね。

そういう体験が積み重なると、教科としての英語の勉強も色を持ち、自分に近く思えてくるようです。

 

しかし、海外のものをただ日本語で見たり聞いたりしても、それだけで英語が好きになるわけではありませんね。

もう少し積極的に触れさせたいとお考えなら、おすすめしたいのが

ロングマンの絵辞典です。

"Longman Children's Picture Dictionary " 

という題名です。

 

私も個人の初心者向けのクラスではこれを使います。

何が好きか分からない、英語に対してどう進むか分からない場合、最初からコース教材を使うのは難しいからです。

幼児ではなく小学生になっているならなおさら、単語さえおぼつかない自分に劣等感を持っていることもあるので、まずは英語学習に対して壁を作らないようリラックスしてもらう必要があるのです。

 

この本には、海賊船あり、南極の動物あり、遊園地や、誕生会などの項もあります。日本と違うバスルームの絵、ベッドルームでのお話しの時間、農場の風景なども、子供達が楽しく思える世界です。

単語が豊富でダイアログもあり、各項に隠されたキーワードを見つける楽しみもあります。

 

そして何より歌とチャンツが良い。英語の発音に沿った歌なので、自然とリズムが良くなります。

例えば、数の歌でも、six, seven eight nine, ten などはリエゾンして歌い上げています。

そう言えたらかっこいい!というそのままの歌です。

 

「難破船の歌」では

Here comes a mermaid

Look at the mermaid

Down at the bottom of the sea 

という歌詞があります。" Here comes a mermaid " は「人魚がきたよ」という意味で、" There he goes" " 「ほら彼がいる / 行く」などと同様に、とても英語らしい言い回しです。中学ではあまり出てこない言い回しですが、児童向けの本や歌などではよく目にするものです。

 

また、私いちおしの歌は " My Favorite Raincoat is Purple "です。

これはどのクラスでも全員歌ったほどお気に入り。英検5級の頻出語 " favorite " に慣れる目的もあります。

 

全部できなくてもいい。

単語を覚えなくてもいい。

英語のリズムを知って、へぇ、と思えたらいいのです。

一冊で、身の回りのこと、宇宙のこと、海や町、季節、たくさんのページがあります。好きそうなところを選んで、絵を見て、曲をきいて楽しむのがおすすめです。

聞こえたまんまで、どっちがそっくりに言えるか競争、とかしてね。

 

英語学習の始めは、のんびり、夢見心地でいいのです。

あとで必ず、役に立つのですから。

 

Longman Children's Picture Dictionary with CDs: With Songs and Chants

Longman Children's Picture Dictionary with CDs: With Songs and Chants

 

 

 

なぜ単語を覚えなくてもいいのか

子供、といっても園児と小6ではずいぶんと違いますから、間をとって小3としましょう。みなさんの周りで、小学3年生で「あの子、英語できるよね」っていう子はどんなお子さんでしょう。

海外に住んでいた、とかはナシでね。

 

どうでしょう?自分のことが言えて、家族のこと、学校のこと、好きなこと、よくすること、こんなことが言えたら素敵ですよね?

では、これらのことを言うために必要な単語数ってどのくらいでしょう。

きっと、動詞なら20語くらいだと思います。

そんなにないかもしれないくらい。

名詞はもう少し頑張るとしても、小学生で操る単語はそれほど多くないのです。

覚えたかどうかではなくて、何度も触れることが大切です。何度も触れると文に慣れて、知っているだけの単語を使って、自分なりに組み立てることができるようになります。

 

楽しんでおくことが高校以上の猛勉強につながる!

どうしてこんなに「のんびり」だの「楽しむ」だの「嬉しく」だの言うか。

それは、英語学習の効果が出るのは高校生以上になってから、だからです。

じゃーん。言ってしまいました。

ええ?やっぱり!

そうなのです。

小さい頃から教室に通っても、自由に英語で喋るのはとても難しいことです。

( 難しいけれど、話せるととっても嬉しくて、みんないきいきします )

それには、文法が不可欠です。

話す、という練習の場も必要です。

毎日の積み重ねも、とても大切です。

( あ~だんだん悲しくなってきた?)

でもこれが、英語が好きなら、超えられる壁なのです!

 

そしてこれが一番言いたいのですが

そういう練習は、幼児の英語とは少し違うのです。

 

幼児さん達には私はこんなことをします。

・音とリズムに慣れて乗れるように練習

・繰り返しの必要なセンテンスを練習

・単語の練習

 

よく言われるように、幼児はスポンジのように吸収します。質問に瞬時に応えたり、行動を起こしたり、歌ったり。挨拶、曜日や天気や、年齢をネイティブ並みの発音で応えたりできます。

 

しかしこれは、吸収したものに「反応」している状態です。ですから、これを称して「ペラペラになる」と謳うのは、怪しいものだと思うのです。

もちろん「反応」できるのも立派なステップです。これを悪いとは言いません。大切なステップです。

 

幼児の方が発音やリズムを吸収しやすい、というのは本当ですね、そう感じます。

それに早く始めることは悪くないです。より楽しいですもの。

それでも、小学生、中学生くらいなら遅いということはないでしょう。

 

話す英語は吸ったものより少ないので、吸収しながらでもアウトプットできます。小学高学年になっていたら、単語を学びながら、文法を理解し、自分の言いたいことを組み立てて言ってみましょう。

そういう練習は、子供達も好きです。達成感があるのでしょうね。

 

ペラペラでなくても、自分の言葉として発する練習を重ねることで、後に英検の二次面接のときに慌てなくて済みます。旅行先や日本で外国に方に話しかけられても、きっと応えることができるでしょう。

 

今の学校英語は悪くない

今は、ALT が配されている学校も多いですし、日本人の英語の先生の質も格段に上がっていると感じます。教科書も対話形式が豊富で、英語らしい言い回しもたくさん学べるようになっています。

 

中学でも校外学習で浅草や英語村に行って英語で話したり、高校では海外研修があるところも少なくありません。本物の英語に触れる機会がとても多いのです。

 

ただ、グループ単位で動くので「英語好きな子がリーダーになる」となりがちです。他の子は後ろで頷いてるだけ、なんてことも聞きました。

ならば! 

英語好きになって、リーダーになり、話す機会を自分で取りに行きましょう!

 

英語の世界に良いイメージを持ち、知ってることを自信をもって話す練習をするのがいいと思います。

 

少しでも、知っていることを口に出す練習を

最初は数は多くなくていいのです。真似してみて、こんなかも!と自分で納得したら、言ってみましょう。なんとなくでいいのです。間違えを正す機会はこれからたくさんあります。

 

好きな文でいいのです。きっと先生にほめられるでしょう。

もしもお子さんが、英語活動で先生に褒められた、と言ったら、

「なにを?」じゃなくて「あら!英語のセンスあるかもね」と笑ってあげてください!

いつか、猛勉強はじめることでしょう!

 

その時を夢みてのんびりいきましょう。おつきあいありがとうございました。

ではまた!

 

初級用「あいさつの英語」と、クラスの子供達の発表の記事を貼ります。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com