fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

シンガポール リッツの朝食、チキンライス、バタフライピー他 食べたものたち

Hi! How are you doing? こんにちは、フィーニィです。

前回に続き、シンガポール。今日は食事です。

 

「海の人」という意味の村から、開かれた港として貿易、金融、テクノロジーにおいても世界的なハブとなるまで発展した国、シンガポール。

 

移民たちが築いた街には、それぞれの食がありました。行って良かったと思うのはホーカーズという屋台。家族でも安心して利用できました。

それでは朝食からです。

 

  

すっかりはまった庶民の朝食「カヤトースト」

カヤトースト、なる朝食があります。有名なのはブギス・ジャンクション地下1階の「ヤクン・カヤトースト

ここの薄い茶色いパンは、カリカリ、ホクホクして特徴的。「カヤジャム」とバターが挟み込んであって、これをちぎって、くずした半熟卵の中に浸けて食べます。

これがおいしい!

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175253j:plain

カヤ・トースト taken by fiiney

 

 

同じブギス・ジャンクションの地上1階には、「Toast Box 」というお店があって、こちらも人気。日本のカフェのような外観です。

 

ここのカヤ・トーストはパンが厚くて白い。卵に濃くがあって美味しい。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175439j:plain

カヤ・トースト taken by fiiney

 

カヤジャムは、ラッフルズホテルのショップでも売っています。

レジで

Could you wrap it?  We'll fly back to Japan .

「包んでくれますか。日本に飛行機で帰るんです」

と言ったら、ニコッと笑って、後ろからプチプチラッピングされた瓶を出してくれました。

見ると山積み。お土産用によく売れるのでしょうね。

 

ホテルの朝食はさまざまな国の料理で楽しい

リッツホテルでは朝食でも、いろいろなコーナーがあって、何泊かしないと制覇できないくらいの種類があります。楽しいですね。

インドと中華のコーナー。

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175108j:plain

シンガポール リッツの朝食 taken by fiiney

 

こんなにたくさんの種類のカレーに

こんなにたくさんのトッピング

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175120j:plain

香辛料たち taken by fiiney

 

うーん、どれだけ辛くなるんだろ~

試してみたい気持ちは満々。どれも美味しそうで何周もしてしまう…

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175113j:plain

中華のコーナー taken by fiiney

 

 

写真はないけれど、おかゆもトッピングの種類が多くて美味しそう。

 

 中華は火の通った緑の野菜があるから嬉しい。

タイのフォーを食べてみました。優しくておいしい味です

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175139j:plain

タイのフォー taken by fiiney

 

 

 

洋食もおいしい

イギリスの植民地であった歴史があるからでしょう、洋食の質は高いです。

あんなにカレーコーナーで粘ったけど、結局こういう朝食になってしまう。

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175131j:plain

リッツの朝食 taken by fiiney

 

 

 

 ハムやチーズの種類も豊富。蜂蜜はこそぎ取るスタイルで目にも面白い。

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175227j:plain

リッツの朝食 taken by fiiney

 

シンガポールはパンも美味しいです。フランスパンはカリッと、クロワッサンはパリッと、ロールもマフィンもイギリスやフランスと変わらない種類と味。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175146j:plain

リッツの朝食 taken by fiiney

 旅行中は朝食が一番好き。

他の人が作った朝食を食べることなど、旅行でしかないですものね。

 

着替えただけで朝食が出てくるなんて幸せ。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175358j:plain

リッツの朝食 taken by fiiney

 

 

チャパティや、温かい野菜を取ったお皿。

 

お昼ごはんは冒険、バタフライピーとラクサ

この青いライスは、バタフライピーというお茶で炊いたもので、rice と言ったらこれがついてきました。

不思議なくらい綺麗な色。くせのない、ほんのり甘い味。

 

歩き疲れてお腹が空いていたからだけじゃない、ほんとうに、美味しいご飯でした。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175345j:plain

バタフライピー taken by fiiney

 

 チキンもタレがしっかり絡んでいる。

チキンをほぐし、ライスと混ぜて食べます。かなりの量なので女性二人で1皿で十分。

リッツの近くのビル一階に、レストランが集まっていて、そこで食べました。

 

次はラクサです。

シンガポールに行ったら絶対食べよう、と息巻いていた料理のひとつ。

 

しかし!マリーナベイ・サンズの端っこにあるフードコーナーのラクサヌードルは、とってもとっても辛いです。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175340j:plain

シンガポールラクサ taken by fiiney

味はとてもいいけれど、甘い飲み物を買いに行かなくてはならないほど、辛い。

 

ホーカーズでチキンライス

ホーカーズとは屋台のフードセンターのことで、シンガポールでは衛生度がランク付けされて、店に貼ってあります。B以上の店が多く、安心して食べられます

 

雑誌で有名なのが、マックスウエル・フードセンターの天天というお店なのですが、長蛇の列で泣く泣く諦め、二番めに有名な屋台、阿仔 ( AH TAI )に。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175244j:plain

チキンライスの屋台 taken by fiiney

 

ここも美味しかったです。テーブルの席を半分譲ってくれた中国 ( だと思う ) の若い女の子たちは、日本語であいさつしてくれました。

 

阿仔のチキンライスも、ご飯に鶏の旨みが染みていて美味しい。スープもとても美味しかった。

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175240j:plain

チキンライス taken by fiiney

 

名物のバクテーとチリクラブ、地元のカフェバーもお洒落

クラーク・キーの近くで、肉骨茶 ( バクテー) が評判の Song Fa Bak Kut teh に行ってみました。道の角の小さな店で、ぐるりと行列になっているのですが、とってもシステマティックでお客さんがどんどんはけます。

 

並んでる時から注文をとり、テーブルに着くとあっという間に料理が出されるのです。

シンプルなスープで骨の周りのお肉が美味しいです。野菜も摂れて大満足

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175336j:plain

バクテー taken by fiiney

 

道路沿いで壁もない席でしたが、お皿も綺麗だし片付けもきちんとして、汚い感じはないです。

 

 

次は、チリクラブのお店を紹介します。

ベイからは少し離れますが、GRAB を使っていきました。

 

Jumbo というお店。浜辺にあるので、夕暮れから夜は停泊している船の明りが素敵

浜辺といっても、虫もいないし、強風も吹いていない。

 

静かな海を眺めながら美味しい料理を楽しめる、贅沢な時間でした。

魚の皮を揚げたものなど、チリクラブ以外の料理も美味しいです。

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175302j:plain

チリクラブ taken by fiiney

 

そして、ここの揚げパンはとっても美味しい。チリソースをつけていくつも食べてしまいました。

 

 次は地元の若者に人気のスポット

チャイムスは、綺麗にライトアップされた、屋根のない開放的な空間にいくつかのカフェやバーが集まる場所。

 

The Winery という店で食べた「和牛バーガー」なかなか美味しかったです。店員さんたちも気さくで、大きな長いテーブルに他のお客さんとの間をあけて座らせてくれたので、ゆったりできました。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200801175331j:plain

The Winery

 

 

大きな画面でサッカーの試合を映し出していて、点が入ると歓声が上がる。

広い空間なので、のんびりくつろぎながら、お酒も飲める場所です。

 

長くなってしまいました。

家族で行ったシンガポールで、食べたものをご紹介しました。

 

シンガポール観光の記事を張り付けてみますので、お時間のあるときにごらんください。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 カヤトーストを作ってみた記事もあります。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

最後まで見てくださってありがとうございます。

それではまた

See you!