fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

マサキの剪定。切り戻しから一年後のようすと春先の高さ調整

こんにちは。暖かいと思えば、肌寒くなったり、強風が吹いたりと、春らしい天候が続きますね。

 

さて、昨年の春先に切り戻し強剪定) したマサキの1年後のようすです!下から新芽がでてきました!

 

春先にする、高さを調整するための整え剪定と合わせて写真を載せます。

太い枝を切り詰めて形を矯正するのは「芽が動き出す前」が基本のようです。

 

「みんなの趣味の園芸」によると「3月~4月」となっていますが、ここ何年かウチのマサキは2月の終わりには新芽が出始めます。

 

場所によって芽吹く時期は違うのでしょうね。

 

少し遅くなってしまいましたが、おとといから剪定をしています。

 

まずは「強剪定をしたマサキ」の写真。新芽がでてきました

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172331j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

 

こんなに綺麗な芽で、とても嬉しい。次は角度を変えて幹からでているところの写真。いくつか小さな芽がでていました。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172338j:plain

マサキの剪定 by fiineyマサキ

 

 

本当に良かったです。冬の間、弱々しい芽のままだったので心配でした。

このまま頑張ってほしい!

 

ということで、上の枝にもたくさん新しい葉が開き始めているのですが、できるかぎり切りました。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172404j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

横に伸びている枝や、新芽が何層にも出ているところも切っていきます。

もったいないと感じるのですが、マサキは細い枝先を切っても、わりと短期間で伸びてくるので大丈夫。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172412j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

枝別れしているところを切りました。

このマサキは、根本近くから4本に分かれて伸びていて、そのうち一本の幹を強く切り戻したものです。

 

他の枝を残してしまったので、それらの上ばかり伸びていました。なので今年は上を、少し強く切ってみました。

今の全体の様子です。

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172357j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

 

真ん中で「く」の字に曲がっている幹は、上段の竹の渡しに結わえ付けられていたのですが、それをほどいて、葉のついた枝のところまで切り詰めました。

 

もっと短くしたかったのですが、良い枝がなくて諦め、他の2本をできるかぎり小さくしてみました。

 

まだまだスカスカ。それでも全体に小さくしたので、下の芽が勢いを持ってくれるのではないかと期待しています。

 

「く」の字の真ん中に、これから芽になりそうなふくらみも見つけたので、それも楽しみです!

 

さて、他のマサキもご紹介します。

こちらは太い枝の切り口が2本見えていますが、手前のは去年の春先に切ったもの。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172439j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

その周りに新芽が見えてきたので、今年は奥の枝も切りました。

 

新しい葉をたくさんつけていたので、切るには勇気がいりましたが、高さを調整するために思いきりました。

 

新芽が出ているので、夏前には伸びていると思います。

同じように、高さを調整できそうな木があったら、少し太くても切ってみました。( 直径 1.5 センチくらいのもの )

 

太めの枝の剪定は春先までですから。今が頑張り時です!窓から眺めて「まだいけるかな」という枝を見つけたら、また庭に戻る。

 

そんなことを繰り返してしまいました。

 

ウチのマサキは垣根の役割をしているので、たくさん植えられています。全てを見るのは大変なのですが、楽しんでやっています。

 

奥の方でビヨンと伸びている枝を見つけると「そこにいるからって、見つからないと思うなよ!」と嬉しくなります。そしてバッチリ切ります。

 

上に一本ビヨンの伸びている枝は要注意。たいてい脇芽を持たず、上へ上へと伸びていくので、早めに見つけて切り、脇芽を増やしていくようにします。

 

また、下の方でフサフサと伸びる枝を持つマサキも見つけました。

 

これが、前に職人さんに聞いたことのある「大切にしなくてはならない枝」でしょう!!

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172445j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

こんなに地面近くから、つるんと伸びて。しかも元気が良くて。

ということで「大切にする」ことにしました。

 

幹にいちばん近い芽のところで切ります

 

 

f:id:fiineytoeigo:20210305172450j:plain

マサキの剪定 by fiiney

 

ひ~、かわいそう。

でも、これが「大切にする」ことなのだと私は学びました。

 

ほうっておいても伸びるのでしょうけれど、この細さだと、頭でっかちな枝が横に伸びていきそう。幹に近いところで、強くなってほしい…

 

そんな気持ちです。

 

マサキは2つに分かれた芽の先で切ると、そこから二手に伸びて、それぞれ脇芽を持ちます。

 

去年は2月の終わりに剪定しているので、今年は遅くなってしまいましたが、頑張って芽吹いてくれるといいなと思います。

 

職人さんに聞いた「下葉を大切にする」話がある記事はこちです↓↓

今日の記事の元になった、1年前に強剪定をしたときのものです。

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

その後の様子の記事はこちら↓↓ 2ヶ月後では何の変化もありませんでしたから、今が余計に嬉しいです。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

このマサキが下からフサフサと葉を持ったら、また載せたいと思います。

 

イギリスの緑の風景はとても素敵でした↓↓

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

葉牡丹の挿し木も試したみたことがあります↓↓

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

それではまた。さようなら