fiiney と絵本で英語れんしゅう

子ども英語をきわめて英語で発信しよう。英語絵本やCDを参考にするとおもしろい!海外旅行の話も書いています

「毎日放課後に」で頑張ってることを言おう!参考絵本" FROGGY'S HALLOWEEN " / 小中学生英語

Hi, there!  Do you like autumn?  君は落ち葉を踏みしめて遊んだりするかな?今日は「毎日放課後に~します」の練習ですよ。

 

毎日放課後にすることはあるかな。気に入ってること、頑張ってること、仕方なくやってることもあるだろうね。私が小学生のときはね、近所の広場で缶けりをしていたな。さあ、今日も元気に行こう!

 

 

参考にする本は

"FROGGY'S HALLOWEEN " 

by JONATHAN LONDON

illustrated by FRANK REMKIEWICZ

 

Froggy's Halloween

Froggy's Halloween

 

 

 

本文から「毎日放課後」の雰囲気を知ろう

ハロウィンといえばお菓子。でも、何を着るかも大問題だよね。フロッギーもあれこれ考えて、他のことが手につかない。

 

とうとう学校で先生に怒られちゃうんだけれど、それでも心はハロウィンでいっぱい。そして、こんな文が続きます。引用しますよ。

 

" But his mind was on Halloween.  

Every day after school he got ready. "

 

by JONATHAN LONDON

" FROGGY'S HALLOWEEN" より

 

 

「毎日学校から帰ると」という意味。すっかり心を奪われて没頭している様子が伝わってくるね。語の順番が大事だよ。

" Every day after school " 

 

そして本では、フロッギーがしたことがたくさん書いてあるんだ。だって毎日、準備したんだからね。

 

  " get ready " は「準備する」という意味。

 

 

Every day after school を使ってみよう

 

例えば、こんなのはどうかな

 

「ぼくは毎日放課後、ホットケーキを作る」

 

すっかりはまっちゃっているんだね。作り方を教えてもらったのかな。 

「いま毎日こんなことをしています」というニュアンスがあるでしょう?

( 英語では「現在形」は、日常的にしていることを示しますよ )

 

これを英文にします。並びに注意してね。

 

Every day after school, I cook pancakes.

毎日放課後 ぼくは 作る ホットケーキを

 

なんだか幸せそうだね。こんなのはどうかな

 

「毎日放課後、ラグビーの練習をします」

Every day after school I practice rugby.

 

来る日も来る日も、放課後に練習している様子がでているね。「誰は・何する・何を」の語順はバッチリかな。

 

「毎日放課後に」のニュアンスを感じながら作文

では、問題ですよ。

 

問1.  毎日放課後、私はアニメを見ます

問2.  毎日放課後、私は友達とダンスの練習をします

問3.  毎日放課後、ぼくはポケモンカードを数えます

 

さあ、どうかな。単語の並びが分かったら、もうできちゃうね!

ね?

きっとできてると思う。

では答えですよ。

 

No.1  

Every day after school, I watch anime.

No.2 

Every day after school, I practice dancing.

No.3 

Every day after school, I count my Pokemon Cards.

 

ポケモンカード、数えちゃうよね。

No.2 の「ダンスの練習をする」が難しかったかな。動詞のing を使う場合、直訳すると「~する練習をする」と少しくどいから、日本語ではこう覚えよう。

 

「 pracitce ~ing 」で「~の練習をする」

 

前後の流れの中で使おう

 この表現は少しおおげさだよね。「毎日」と「放課後」どちらかだっていいのに、わざわざ両方ともついている。ということは、両方つけたい気持ちのときに使うんだね。

 

それを踏まえて、流れの中で使ってみよう。 (      ) の中に単語を入れて完成させてね。

 

問4.  ぼくは新しいカメラを買いました。まいにち放課後、写真を撮っています

I bought (       )  new (                        ).     Every day (                   ) (                         ) I take (                              ).

 

問5.  私は毎日放課後、お母さんを手伝ってます。彼女が風邪をひいているからです

(                ) (           ) after school I help my mother.  Because she has a (              ).

 

さあ、どうかな。注意しないといけないところがあるね。カメラは何台だと思う?撮る写真って一枚かな?「風邪をひく」って言い方があったね。

 

では答えです!

No.4  

I bought a new camera.  Every day after school I take pictures.

No.5

Every day after shool I help my mother.   Because she has a cold.

 

ポイント

「写真を撮る= take a picture 」

ここでは 写真を複数として考え take pictures 

 

「風邪をひく = have a cold 」

ここでは主語がお母さん ( 三単現 )だから has

 

いいね!どんどんいこう。

 

 

過去の話にも使ってみよう

今度は、過去の話をしてみよう。今はもうしてなくても過去に「毎日放課後~してた」と言いたいとき。

 

「誰が・何する・何を」の「何する」にあたる「動詞」を過去形にすればOKだ。簡単だね!さあ、いきますよ。

 

問6.  毎日放課後、私は英語の勉強をした

問7.  毎日放課後、マキは図書館に行きました

問8.  毎日放課後、僕は校庭でバスケをした

 

どうかな?やっぱり過去になると難しいね。ポイントは主語と動詞を見つけることだよ。それが言いたいことなんだからね。

はい、ではこたえ。

No.6

  Every day after school I studied English.

No.7

 Every day after school Maki went to the library.

No.8

 Every day after school I played basketball in the school yard.

 

慣れてきたかな?

毎日頑張れるって、素敵だね。

 

 

超難問:「合唱祭の練習」「ケガした犬」

さあ、超難問。どうして難問なのかというと、日本語をそのまま直訳できなかったり、「どんな〇〇」という言い方があったりするから。

 

これはもう、大人用の問題だ!もしこれができたら、びっくりして一回転しちゃう。

 

問9.  

私達は毎日放課後、一生懸命に合唱祭の練習をした

Every day after school we (                  ) hard (                ) the chorus festival.

 

問10. 

毎日放課後、僕はケガをした犬の世話をした

Every day after school I (               ) care of an (                        ) dog.

 

さぁ、大変だ。

ヒントですよ。

 

合唱祭に向けて   for the chorus festival

一生懸命に練習する practice hard

~の世話をする   take care of ~

怪我した犬            an injured dog

 

超難問の答えと「分詞」の解説

答え

No.9

Every day after school we practiced hard for the chorus festival.

No.10

Every day after shool I took care of an injured dog.

 

解説

No.9

「合唱祭の練習」を「合唱祭に向けて練習する」とするとぴったり合います。

歌ったり、息を合わせたり、立ち位置を確認したり、そういった合唱祭にむけての全てを「一生懸命に練習した」というニュアンスが出ます。

 

No.10

take care of  ~ は「~の世話をする」というかたまり

 

injured dog は文法でいうと「分詞」で学んだところです。

過去分詞を使って「~した/ された」という受け身の意味として名詞の前につけ、形容詞のように使えます。

例)

  a broken dish    割れた皿

  a closed box     閉じられた箱

 

「~された」のかたまりが二語以上になるときは、名詞の後につける

例)

 the mountain covered with snow

雪でおおわれた山 

 

学校で習わない表現こそ絵本の醍醐味

今日は「毎日放課後に」の言い方でした。これは学校ではあまり聞かない表現です。いくつも教科書を見てきましたが、今まで見たことはありません。

 

「毎日」は中学1年生で出ますし「放課後」も同じです。「まいにち放課後」はない。

それでも時に「毎日放課後って何ていうの?」と子どもに聞かれることがありました。

 

その答えが、フロッギーの絵本の中にありました。みなさんもフロッギーのように、放課後になると毎日やる楽しいことができたら、ぜひ使ってみてください。

 

それではまた!