fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

美味しい!イギリスで食べた さばのレシピを再現しました Mackerel recipe

Hello.  今朝のひんやりした空気に、イギリスの朝を思い出しました。

 

だから今日は、イギリスで食べた美味しいサバのレシピ

( イギリスで食べたけれど、イタリアンのさばレシピです )

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200713111132j:plain

イギリスで食べたサバ taken by fiiney

 

さばの脂に旨味がぎゅっとしみ込んで、しっとり柔らかいです。 

簡単で見栄えがいいので、おもてなしにも使えますよ。

 

* 料理のカテゴリーは作っていないので「海外旅行 イギリス」に入れています。ご了承ください。

 

 

 

フライパンで簡単 サバのレシピ

 

イギリス、ロンドンのテムズ川沿いのレストランで食べた料理が、このレシピの元です。

 

mackerel ,   italian  parsley などで検索して調べ、「毎日のおかず」( 婦人生活社 ) の「さばのシチリア風」も参考にしました。

 

材料の野菜は普段、冷蔵庫にあるもので作っています。

材料

 

さば 三枚おろし  2切れ

 

にんにく      1かけ

玉ねぎ        1/2

人参                              5 センチ程

ピーマン                      1/2

 

酒  または白ワイン     少々

小麦粉      少々  

塩、こしょう   適宜   

ハーブ      適宜

( ローズマリー、オレガノ、バジルなど )

イタリアンパセリ 生のもの

レモン汁

 

* 野菜の量はお好みでOK

ハーブは魚に合うものでOKですが、イタリアンパセリは、この料理のポイントなので必須です。

 

つくり方

 

 サバに酒をふりかけ、塩、コショウする

 玉ねぎ、にんじん、ピーマンは細切り

 ①のサバに小麦粉を軽くまぶす

 フライパンにオリーブオイルを熱し、サバを皮目を下にして入れる

 焼き色がついたらひっくり返し、野菜、にんにく、ハーブを上に散らすように置く

 

f:id:fiineytoeigo:20200713111155j:plain

美味しいサバのレシピ by fiiney

 

 レモン汁を2回し、オリーブオイルをひと回し、塩、コショウと最後にイタリアンパセリを散らしてをし、蒸し焼きにする

 

サバの大きさにもよりますが、5分くらいでできあがり。

焼きすぎない方がしっとり仕上がります。

 

* 最後の塩を少なめにして、バルサミコ酢 少々か、減塩醤油を少々かけてもおいしいです。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200713111216j:plain

美味しいサバのレシピ by fiiney

 

写真の野菜の切り方が大雑把ですみません…

もっと小さく切ると見栄えがいいのにね。トホホ

 

便利な「骨とりさば」

 

サバは三枚おろしを使いますが、小骨があって、抜くのが面倒だなぁと思っていました。

 

そしてある日、スーパーでこんな真空パックを見つけました。

 

f:id:fiineytoeigo:20200713114518j:plain

骨とりさば taken by fiiney

 

骨とりです! 少し身が小さいのですが、これを見つけて以来、うちで食べるときにはこれを使っています。

 

なんと 298円 / 200g 

便利で安くて嬉しい。

 

小さめなので、サバが苦手なお子さんでも食べやすいですね。

残さず食べきれるのも嬉しいでしょう!?

 

まとめ: 糖質オフ生活に重宝したサバ

 

実は何年か前、夫婦で糖質オフに取り組み、ずいぶんと痩せました。

今では緩めにしていますが、体重はなんとかキープしています。

 

鯖は痩せると聞きまして、いろいろな料理に取り入れてきた中で、この「イギリスで食べたサバのレシピ」は、一番のお気に入りです。

 

サバの旬は秋から冬にかけて。脂がのって一番美味しいですね。今の季節なら北海道産のさばが美味しいということです。

 

真空パックの「骨とりさば」はノルウェー産です。

 

糖質オフされているみなさん、おもてなし料理に魚を加えたいみなさん、ぜひ試してみてくださいな!

 

お友達に披露すると、よくレシピを聞かれ「作った!」と言ってくれます。たいてい、お友達の方が綺麗に作っていて、苦笑いしてしまいます。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

この料理を食べたときの「イギリス旅行」の記事はこちらです ↓↓

 

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

それではまた!

Bye for now.