fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

冠詞 a に慣れる" The Dark House" の歌詞とお化けが出るクラフト/ ハロウィン

Hi, there! お久しぶりです。今日は、冠詞「a」に慣れるハロウィンのチャンツを WeeSing からご紹介します。

 

The Dark House では「あるひとつの」という意味の不定冠詞「a」が子供に分かりやすい展開で出てきます。

 

ここでは 「a」の対としてthat ( 指示代名詞) が使われているのですが、これは「a」と「the」の使い分けに繋げることもできます。

 

お化けが " Boo! " と出てくる楽しい本を作ることもできますよ。何枚か写真を載せます。さぁ、いきましょう!

 

The Dark House の歌詞

チャンツは " WeeSing for Halloween"  から引用します。

CDでは一行ずつエコーがあるので、子供達は聞いた文をそのまま発声できます。

 

 

 In a d-a-a-a-r-k, dark wood, ( echo)

There was a d-a-a-a-r-k, dark house...

And in that d-a-a-a-r-k, dark house...

There was a d-a-a-a-r-k, dark room...

And in that d-a-a-a-r-k, dark room..

There was a d-a-a-a-r-k, dark cupboard...

And in that d-a-a-a-r-k, dark cupboard..

There was a d-a-a-a-r-k, dark shelf...

And in that d-a-a-a-r-k, dark shelf..

There was a d-a-a-a-r-k, dark box...

And in that d-a-a-a-r-k, dark box..

There was a GHOST! 

「作者不明」" WeeSing for Halloween " より

 

慣れたら子供にチャンツを先導するリーダー役を任せるのもいい

 

このチャンツを面白くするのは、最初にリーダー役をする私達「講師」の役者ぶりにかかってくるかもしれません…

 

「スリラー」のナレーションのように盛り上げられるといいのですが、そうでなくても楽しくなる方法もあります!

 

お化けが出る The Dark House を作る

 

めくる仕立ての簡単なクラフトで、チャンツを盛り上げましょう!

最後の " Boo! " のところでお化けが出るようにすると楽しいです。

 

思いつきで作ったのですがとてもウケて、もう15年以上使っています。

 

文に合わせてページを作る

本のように、片側から開く仕様でもいいと思います。

私は両開きにして、中に入り込む気分が出るようにしました。

 

「ある、くら~いくらい森の中に」のエコーが終わったときにページを開く。

 

f:id:fiineytoeigo:20210926112236j:plain

"The Dark House" made by fiiney

 

開くと「ある1軒の家がありました」となります。

画用紙に絵を描いて、真ん中で切っただけのものです。

 

f:id:fiineytoeigo:20210926112246j:plain

"The Dark House" made by fiiney

 

 

cupboard は食器棚。かなりてきとうな絵ですが「言ってめくる」という作業が大事なので大丈夫。

 

f:id:fiineytoeigo:20210926112253j:plain

"The Dark House" made by fiiney

 

一番重要な「box」は、蓋が開くように作ります。( テープで見にくいですが、もとは黄色い十字架型の鍵が描いてありました )

 

f:id:fiineytoeigo:20210926112304j:plain

"The Dark House" made by fiiney

 

「お化け」は蓋を開かないと見えない位置に貼っておいてくださいね。大事なポイントです!

 

f:id:fiineytoeigo:20210926112311j:plain

"The Dark House" made by fiiney

 

お化けに驚くのは最初の一回だけ。それでも何年も繰り返せます。

 

何かが始まりそうなイントロといい、最後の音も「オバケ」が消えてしまう感じがしていい。

 

薄暗い中だと一層楽しいです。( ほぼ暗唱なので文字は見えなくても大丈夫 )

 

冠詞 「a 」と指示代名詞「that」

 

抜け落ちやすい冠詞の「a」。これに意味があるのだ、という認識を持ってもらうことができます。

 

冠詞「a」は「あるひとつの」という意味。「誰の」などと特定しない「とりあえず1個の」。

 

このチャンツでは分かりやすい順番で出てくるので、日本語でばっちり説明してしまうといい。

 

ある、くら~いくらい森の中に

一軒のくら~いくらい家がありました

そしてその、くら~いくらい家の中には

ひとつの、くら~いくらい部屋があって…

 

一軒の家が出てくる。「そしてその家」= that house の中には、「ある一つのくら~いくらい部屋」がある。

 

他にはちょっと明るい部屋も、まぁまぁ明るい部屋もあるかもしれない。けれど「くら~いくらい部屋がひとつあったのだ」と、言われる。

 

そして「その部屋には」の言葉で、指示された部屋に視点が移っていく。

 

特定しない「あるひとつの〇〇」が、指示されてその〇〇」と決まっていく。その過程を目の前で確認できます。

 

子供英語では「a」と「the」も、さまざまな機会で確認していきます。大量の文に接することで、自然と習得する部分も多い。

例えば

The sun is shining.   The sky is blue.

など、the のみが付く名詞に「a」をつけると、違和感を覚えるでしょう。

 

また、次の2つはどんな椅子なのかが違う。

① Find a chair.

② Find the chair.

 

① どれでもいいから椅子を一脚みつけてね

② あの椅子を見つけてください       ( 話者が特定している椅子 )

 

中学で「a」のもつ不特定性を学びますが、先に触れておくと、理解は早く深くなると思います。

 

「a 」で起こるリエゾンにも慣れる

「a」の意味だけでなく、音にも慣れます。

よくリエゾンが起こる単語ですね。小さくなるからといって消えはしない音です。

 

In a ~     イィなっ

~ was a ~   わぁっざ

 

前の子音と繋がって、こんなふうに聞こえます。

 

何度も意識させておくと、作文する時に抜け落ちが少なくなるはず。

( There is の後が固有名詞の場合は、a も the もつきませんが「固有名詞」は分かりやすいので、そこを混同するお子さんはあまり見受けられません。)

 

まとめ

今日は、楽しく冠詞に注目できる、ハロウィンにうってつけのチャンツをご紹介しました。

作者は " Unknown " ( 不明 )ですが、WeeSing for Halloween に掲載されています。

 

 

 

この本の中で、子供英語で使える曲を紹介した記事もあります↓↓

 

www.fiineytoeigo.com

 

他にもハロウィン関連の記事があります↓↓ 

www.fiineytoeigo.com

 

www.fiineytoeigo.com

 

チャンツの The Dark House とほぼ同じ展開の絵本もあります。こちらもおすすめです。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

前回の投稿から間が空いてしまいましたが、元気にしております。皆様の投稿を読んで私も頑張らなくては!と思いました。

 

「鬼滅の刃」が放送されていますね。面白いですねぇ。前向きな元気が出てきます。いやいや、またひとつ楽しみができて嬉しい。

 

それではまた、ごきげんよう!