fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

ライムとはどういう意味? 絵本 DON'T FORGET THE BACON も紹介します

Hello! Nice day, isn't it?

今日は英語の「ライム」の意味と、単語の例、そしてライムを楽しむのにぴったりの絵本を紹介します。

 

ライム」とは「」のことです。最後の音が同じである単語どうしのこと。

 綴りは関係なく「最後の音」が同じであれば「ライム」です。

 

f:id:fiineytoeigo:20201026112200j:plain

"DON'T FOGET THE BACON " taken by fiiney

 

動詞でも使いますので「韻を踏む ( ライムする )」というようにも使います。英文での使い方も見ていきましょう。

 

最後にとっておきのライムがありますので、ぜひ見てみてください。想像のついた方もいらっしゃるでしょう。

アリゲーターのアレです!

 

  

ライム " Rhyme " の意味

 

ライム」とは「」のことです。

まずは「rhyme 」の単語をどう使うか見てみましょう。名詞と動詞が同じ形です。

 

動詞として使う "rhyme "

 「韻を踏む」という動詞で使う文は

 

"cat" and "hat" rhyme.

( 猫と帽子は韻を踏んでいる )

 

Let's find  words that rhyme  with "boat"!

( 「ボート」と韻を踏む語を見つけよう! ) 

 

Does " glue" rhyme with " blew "?

(「のり」と「飛んだ」は韻を踏んでいますか )

 

 

名詞として使う " rhyme "

Find  a rhyme.

( 韻を踏んだ語をみつけましょう)

 

Can you think of a rhyme for " vine"?

( 「ツタ」と韻を踏んだ語を思いつけますか )

 

前置詞は " for " です。

 

ライムしている単語の例

 

boat ,  goat,   coat , ( ~オゥト )

vine,   wine,   fine,  ( ~ァィン )

blue,  flew,  glue,  ( ~ㇽぅ )

bright,  night,  might,  ( ~アィト )

follow,  swallow,  yellow, ( ~ロゥ )

star,  candy bar,   guitar ,  ( ~ア~ )

hole,   mole (もぐら),   pole,  ( ~オ~ル)

 

まだまだたくさんありますが、綴りが違っても、最後の読み方が一緒ならライムしている単語です。

 

詩や歌などにも素敵なライムがあります。次回ご紹介したいです。

 

f:id:fiineytoeigo:20201026112126j:plain

" DON'T FORGET THE BACON " 裏表紙

 

英語絵本「DON'T FORGET THE BACON」

 

ライムの本としては、ドクタースースの「cat in the hat 」が有名ですね。 今日ご紹介するのも、高度なライムが駆使された素晴らしい本です。

 

それが「DON'T FORGET THE BACON  」by Pat Huchins

初版は 1976年。

 

なぜ「高度なライム」かというと、単語だけでなく「かたまり」ごとライムしているからです。

 

裏表紙の評にも「巧みな言葉遊び」とあるとおり、多少無理のあるところもありますが、子供の感覚の中での「お買い物とライム」が絶妙に組み込まれています。

 

ストーリーは、買い物を頼まれた男の子が、品物を口ずさみながら歩いて店に行く途中に、目に留まったものにすり替わってしまう、というもの。

 

すっかり変わってしまった買い物リストで「くださいな」するところから「もしかして違った?」と自問するシーンを少し引用します。

見てみましょう。

 

 

SIX CLOTHES PEGS,

A RAKE FOR LEAVES,

AND A PILE OF CHAIRS, PLEASE.

 

a pile of chairs?

a flight of stairs?

A POUND OF PEARS!

 

--" DON'T FORGET THE BACON! "    by Pat Hutchins

 

「洗濯ばさみ6本と、落ち葉を集める箒と、椅子ひとやま、ください」

椅子ひとやま? 階段ひとあがり? 洋ナシ1パウンドだった!」訳 fiiney

 

日本語にすると間違えようのない品々ですが、英文を口にすると妙にリズムが良い。

 

前置詞を含んだ二つの名詞の句全体を、ライムさせているからですね。

 

a pile of は、モノが重なった状態を表していて「山積みの」と訳されることが多い。

a pile of emails 「メールの山」

a pile of homework  「宿題の山」

 

a flight of stairsa flight は「階段のひとかたまり」のことです。

途中で踊り場があるような、踊り場までのひとかたまりの階段

 

 " a rake for leaves "も、お母さんが頼んだのは " a  cake for tea "だったのですよ。声に出してみると、ほら、ライムしていますね。

 

作者の Pat Hutchins はイギリス人。「お茶のためのケーキ」というところもイギリスらしいです。

  

またこの本は、絵が綺麗です。

間違いだらけの買い物の品を運ぶ「なんでも屋」のおじさんや、お供の犬がユーモラスに描かれている一方、街の様子は繊細で美しい。

 

なんでも屋の店の様子、洋ナシを売る市場の風景、ケーキ屋や木々にイギリスらしい雰囲気がたっぷり。

 

全体的にオレンジと黄色が多く、 rake ( レーキ ) が出てくるので、うちでは「秋」に読んできました。

 

 

Don't Forget The Bacon

Don't Forget The Bacon

  • 作者:Hutchins, Pat
  • 発売日: 2002/01/03
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

学習に結びつけるのは少し苦労しますが、カードを作って遊んでおくと、良い導入になると思います。

 

ライムなどは横において、絵を見てストーリーを追うだけでも楽しいです。

子供らしい展開なのでわかりやすいようです。

 

まとめ: ライムで英語のリズムに触れよう

 

ライムは、フォニックスと違い「文字と音のルール」ではなく「最後の音」のみに視点があります。

( * 文字が似た並びになることも多いです )

 

文や節の最後が同じ音だと、おさまりがいいので、詩や歌、ポスター、宣伝文句などによく見られます。

 

ということで、英語に多く触れているとよく見つけることができます。

そういう目で英文を見るのも楽しいものですね。

 

みなさんもぜひ、ライムを探してみてください!

 

声に出すことは、英語のリズムに触れることになります。

うちではライムが満載のこんな本も使っています。

 

声に出すえいご絵本―子どもの脳をぐんぐん育てる

声に出すえいご絵本―子どもの脳をぐんぐん育てる

  • 発売日: 2003/11/01
  • メディア: 大型本
 

 

 

公文にはライムのワークがあります。薄くて見やすいシリーズなので、私もいくつか使ってきました。

 

My Book Of Rhyming Words

My Book Of Rhyming Words

  • 発売日: 2004/09/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 初級から、ご家族で学べるオンライン英会話もあります。↓↓

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

See you later alligator! 

( それではまた後でね )

 

* これは後に下記の文をつけると「いってきます」「いってらっしゃい」という意味の、ライムをした掛け合いになります。

 

 See you later alligator.  In a while, crocodile.

「通じる英語はリズムから」I like coffee,  I like tea  松香フォニックス研究所 より

 

それではさようなら!

Thank you for staying with me.