fiiney と絵本で英語れんしゅう

大人も使える、絵本を参考にした日常の英語を発信しています!海外旅行の話も書いています

shimmering の意味は?映画「ギルバート・グレイプ」での「光り輝く」/ The knight in shining armor

Hello! こんにちは、フィーニィです。 How are doing?

 

最初に、shimmering ( 形容詞) の意味

反射してちらちら光る

揺らめく、キラッと光る

 

キラキラと動きのあるニュアンスがあります。

 

* 動詞・名詞は shimmer

 

f:id:fiineytoeigo:20160811062318j:plain

glowing sunrise taken by fiiney


 

 

さて!以前に書いた「きらめく」に関する記事で、shimmer に触れましたが、今日は映画の中で使われた shimmer !

 

お気に入りの映画「ギルバート・グレイプ」の中で気になるやり取りがあるのです。

 

 

 

" The knight in shining armor "という言い回しがある

 

まず最初にこの言い回し。ご存じですか?

 

The knight in shining armor

 

直訳すると「光る甲冑を着た騎士」で、以下のような意味です。

 

・困ったときに颯爽と現れる騎士

弱者を助ける正義の騎士

白馬の騎士

 

「正義の味方」はいつもキラキラしているものね。

「白馬の王子様」のような、ユーモアや皮肉を含んで使われる場合もある。

 

「ギルバート・グレイプ」知らない方へ

この映画を一口で言うのは難しいので、今回のセリフに関係のあるところだけまとめます。

 

田舎街に住んでいる主人公ギルバートは、脳に障害のある弟 ( 若き日のディカプリオ君 ) と、7年間外にでたことのない母親と、亡き父が建てた家の世話をしながら生活している。

 

閉塞感のある毎日にうんざりしながらも、自分はここに縛られて、どこにも行けなんだ、と半ば諦めながら。

 

家と弟と母親は、ギルバートだけが頼り。

その彼が ( いろいろあります。良い映画ですよ ) 弟を殴ってしまって、家を飛び出す。

 

それでも彼は、あくる朝帰る。弟の誕生パーティーの日だ。

 

「何も言わずに出て行くなんて!」と怒鳴る母親。彼の父親は七年前に自殺していたのだ。誰にも、何も言わずに。

 

「私がそれをどんなに嫌うか、あなたは分かっているでしょう」と母は吐き捨てるように言う。

 

その後 ( また良いエピソードがあるのです )、二人のやりとりのシーンで、shimmering が使われているのです。

 

 

 

知ると納得する会話の流れ

 

この映画を最初に観たときは、" The knight in shining armor " という定型文があることをしりませんでした。

それでも意味が通じるように、翻訳が付いていますが、これを知ったらしっくりときました。こういうのは嬉しい。

 

セリフ shimmering armor

 

一度は飛び出したけれど、戻ったギルバート。彼は父親とは違って、母や弟たちを置き去りにはしなかった。

 

(いろいろあった) 夕方、床に就く母に水を持っていったときのこと。ギルバートと母の会話です。

 

M:  Mother

G:  Gilbert

 

M:  You're my knight in shimmering armor.

G:   I think you mean ' shininng'.

M:  No.  Shimmering

    Shimmering glow.

 

訳)

母:  あたなは光り輝く甲冑を着た王子様

ギ:  「輝く」だろう?

母:  いいえ、お前は光り輝いてる

  まぶしく光り輝いてる

 

上手な翻訳!手をやいただろうな

もうお分かりですね。

" knight in shimmering armor " と言われたギルバートは

それ、shining だよね?と返したのです

 

mean を使って、

shimmering じゃなくて、shining のアレを意味してるんだよね?と。

 いや、 shimmering だ、と母は言う。

 

この部分は、日本語だけ見ると少し違和感を感じます。

 

「光り輝く甲冑を着た王子様」という言葉に対して

「輝く、だろう?」と返すのは、少し不自然だと思いました。

 

わざわざ言うことかな、と思ったのです。

 

 " The knight in shining armor " を知っていたらスムーズですが、知らなかったので「ん?」とひっかかりました。

 

でも次の「光輝いている」「まぶしく光り輝いている」でまとまるので、流れは理解できる。

 

少しの違和感なんか吹き飛ばされる。

 

翻訳者さん上手ですね!

 

私だったら、本当の意味をちょいと汲んで…などと余計なことを考えて、変な訳をつけてしまいそうです。

 

プロってすごいなと思いました。

 

shimmering glow の glow は名詞

 

 ここの " glow " は名詞として使われてますね。

shimmering な glow というわけです。

 

せっかくなので、動詞、形容詞の意味もつかんでおきましょう!

 

 glow  ( 名詞 )
輝き・灼熱・色艶

glow  ( 動詞 )
熱と光を発する・輝く
目や顔が輝く

 

glowing  ( 形容詞 )

白熱の、紅潮した

燃え立つような


例) The children's faces were glowing with excitement.
--「ロングマン英英辞典」より
( 興奮で、子ども達は顔を紅潮させていた。)

 

ということで、shimmering glow は直訳で

「キラキラした強い輝き」

 

セリフの訳は

「まぶしく光り輝いてる」

 

 

ギルバートは、shimmering のチラチラ、キラキラと揺れる雰囲気と、glow のもつ、内側から放たれる激しい光りを合わせ持っている

 

母親はそう言いたかったのではないかと思います。

 

ずいぶん前の映画ですけれど、shimmeringという単語をあそこで聞いた、という記憶があって、前回「きらめく」の記事を書いたときにまた頭に浮かびました。

 

今回、こんなふうに紹介できて良かった。

 

この映画では、ギルバート役のジョニーディップもいいんですけれど、弟役のディカプリオもとてもいいです。

 

もちろん、ジュリエット・ルイスもね。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

「きらめく」の記事も貼り付けますので、もっと光り輝きたい方はどうぞご覧ください。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 Thank you for your time! 

See you