fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

「ブレンド音 pl」 破裂音をブロックして please! を言ってみよう。(音声つき)

Hi! How have you been? フィーニィです。

今日はブレンド音  " pl " に挑戦。日本人の私にもできるので大丈夫!

 

コツを知って、" please " をかっこよく言ってみましょう!すぐ聞ける1分間の音声つきですよ。(目次から飛べます )

 

私も子供の頃は聞いたままなんとなく言っていましたが、フォニックスで仕組みを知って、より深く理解しました。

 

聞くときにも注意して聞くようになり、だんだんと綺麗に言えるようになりましたので、みなさんにも伝授したいと思います。

 

f:id:fiineytoeigo:20200731235855j:plain

pl の音 

 

コツは2つ。

破裂音 " p " を勢いよく

"L " でブロックして音漏れを作る

 

pl は難しいけれどよく使う音です。( Play,  place, plane , please など )

さぁ、いきましょう。

 

  

ブレンド音 pl 

 

 ブレンド音とは、アルファベットの子音が2つ以上並んだ音を指していいます。

母音を中に挟まない、子音だけが並ぶ音です。そこが私達日本人にとって難しいところですが、あまり考えずに、聞いたように受け止めて練習するといいと思いますよ。

 

では、" p " の音、 " l " の音

そして " pl " の音と解説します。

 

「p」は「ん」の形から破裂させる

 

" p " の音は破裂音です。

パ、ペ、プ、と全部合わせたような音。

 

口を「」の形にして、しっかり結んでから、ひねり出すように「パッ」と吐き出します。

 

この「音になる前の口の形」と「息の勢い」が大切です。

 ↑ ↑

( これは全ての英語の音に共通すると思いますよ )

 

破裂のみで「う」を言わない

「パッ」「ペッ」のような「プッ」を破裂させたらそれで終わりです。

「う」はつけないで、すぐに次の子音に移ります。

 

実は、次が母音でも、" p " は破裂させるだけです。

それはまた今度書きたいです。

 

「L」の音は舌で息をブロック

 

" L " の音は、有名ですね。

「舌を上の歯の裏側につけて」というものです。

 

その形で「う」といいます。「ル」でもいいですが、言えないはずです。

 

「う」と聞こえる方が正しい形になっているでしょう。

(参考までに「L」の音の記事です。)

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

「pl」はいっきに音を漏らしながら

 

" pl " はいっきにいきますよ。

「ぷ」と止まったりしません。

「う」の音も聞こえません。

 

" P " で吐き出した息が、" L " の舌でブロックされて行き場を失い横から漏れて聞こえるような音です。

 

そんなふうに聞こえます。

 

次の " e " のために口を横に開いて

 

please " は pl の後が " e" ですね。

英語はいつも次の音の準備をしておくので、" L " のときに口を横に開いておきます。

 

そうすることで、無理なく " plea..." と繋がります。

さあ、音声つけますので、ご一緒に!

 

簡単な「音声」でご一緒に!

 

" p ", " L ",  " pl "  そして、please まで練習しましょう。

 

短い1分間の音声です。お気軽にどうぞ。

 

please の音。ブレンド音 pl

 

 

最後は

Would you like some coffee?

Yes, please. 

と言ってみました。

 

どうぞご一緒に言ってみてください!

 

発音の仕組みを知るだけで、なぜ違うか

特に大人の方にとっての、私の持論です。

 

" p " や " c "  ,  " k "  ,  などは、私達が思うよりずっと勢い強い音です。

 

なぜそれを知るだけで自分の発音が違ってくるのかというと、注意して聞くようになるからです。

 

映画やニュースや、さまざまな場でナチュラルな英語を聞くときに、ぜひそこを注意して聞いてみてください。

 

綺麗なブロンドの女優さんだって、かなり強く言っているはずです。

口をぱっと開いたり、きゅっと結んだりしていると思います。

 

そうやって、息や音の強さを調節しながら話すのが、英語なんだな、と感じます。

 

子供さんが学んでいるフォニックスは、大人の方にこそ効果があると私は思います。

 

なぜなら大人は綴りを知っている単語量が多いので、提示される法則を納得できるからです。

 

文字と音との関連性を教えてくれる「フォニックス」は、単語量がある程度増えた時に始めて「卒業」していくものです。

 

何週間か見て ( 読んで ) 理解したら、それで終わり、くらいがちょうどいい。

あとは音を聞いて納得しながら真似ていけばいいと思いますよ。

 

もちろん子供たちにとっても、法則を知って真似ることは役立ちます。

知らない単語でも発音の見当がつくし、舌を巻かなくていいところで巻かなくなります。

 

少し "please " から離れてしまいました!フォニックスについてはまた今度。

また今度が多くてすみません。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

Would you like ~? の記事に " Yes, please." を言う場面をいくつか集めましたので、貼らせていただきます。

 

 

www.fiineytoeigo

 

ハロウィンの時に言う、" Trick or treat. " の tr もブレンド音です。「ト」という音は入らないので、それを知るだけでも違いがでるはずです。短い音声を付けてみましたので、参考程度に覗いてくださったら嬉しいです。↓↓

 

www.fiineytoeigo.com

 

それではまた!

See you soon!