fiiney と絵本で英語れんしゅう

幼児から中学生までの英語練習で、絵本やCDを通した実際の活動や問題を紹介!海外旅行の話も書いています

R の発音と Tr の発音を練習して、ハロウィンのあい言葉 Trick of Treat! を言おう!(子供英語)

Hi!  It's me, fiiney! 

今日は、ハロウィンでお菓子をもらいにまわるときの合言葉「トリック オア トリート」を英語らしい発音で言う練習をしましょう!R と T の音を整えるとうまくいきますよ。

 

Trick or Treat ! は直訳すると「いたずらかお菓子」。

ハロウィンの夜にお化けとか"怖いもの"に変装してドアを叩き、このセリフを言うと、お菓子をもらえるってわけ。

 

日本でもすっかりおなじみね。じゃ、いきますよ!

 

Trick とTreat のポイントは T と R ( ブレンド音 )

日本語では tri の部分は2つの音 ( トリ ) で言うけれど、英語では1つの音。

tri までいっきに、一拍で言いますよ。

そのためには、子音の t と次の r ですね。

 

まずは最初の T の音

t の音は子音。あいうえお、の音は入らない。だから「トッ」と「テッ」と「タッ」の間くらいの音で、ちぇっ!って言うみたいに破裂させます

ほんとうに、「破裂音」っていうんですよ。面白いね。

 

しかも「音のない声」という分類で「無声破裂音」といいます。

仰々しい名前ですよねぇ。

でも、聞いたらすぐできますからね。

 

 R の音 は舌を丸く引っ込めてから解放

" r " は、発音する前の準備がだいじ

舌をくるんと丸めてひっこめておく。

そのとき、舌先が口の中のどこにも触れてないようにする。

 

そこから、いっきに舌を戻しながら「ら」と「ろ」の間くらいの音を出す。

 

「ら」か「ろ」か、はたまた「り」なのかは、次の母音によってきまる!

 r だけだとあいまいな音なんですね。

L の音のときもそうでしたね。( 下に記事を貼っています )

 

Trick を音レベルで分解するとこうなる

trick は分解するとこのようになります

tr  i  ck   

" tr "  の次に  " i " がきて、tri 

 

" ck " で締めくくります。最後は母音はないので日本語の「く」にはなりませんよ。

trick は一拍で言う単語です。

 

 

treat も同じく

tr  ea  t   

ea  は「イー」です。最後の t も破裂音ですよ!

これも一拍で言う単語。母音は ea にしかありませんからね。

 

ここまでの音声を貼り付けてみます。

trick と treat の言い方練習

 

" or " の R を発音してみよう ( 音声つき )

 

o は日本語の「お」より口を緩めにして、喉から音を出すかんじ。

r は、舌先がどこにもつかない形。

 

or をつなげます。緩い口から、くるっと!ですよ。

ポイントは口の中の形。

最後にしっかり r の形を作るこれだけは確実に!

 

Trick or Treat. 言ってみましょう!

本番にはまだ日があるからね

何度も言って、練習しましよう!

 

k とo をリエゾンさせるとこなれて聞こえます

trick のck と or  の o をリエゾンさせるとより英語らしくなります。

トゥリィックォア のように聞こえるね。

 

trick or treat! 言ってみよう

 

 

" Trick or Treat ! " は短い合言葉なのに発音が難しくて、モゴモゴしてしまいますね。

tr や r の音がしっかりしていると、自信をもって言えますよ。

今年はバッチリ、大きな声で言ってみてね!

 

英語の文字にはそれぞれの音があります

日本語にはない音もあります。

今回の t や r 、c 、k、 は子音といって、どんなに伸ばしても ( いや、伸ばせない ) これ単体では 母音の「う」、「い」にはなりません。

 

次に母音がきたり、子音どうしがかさなった「ブレンド音」の後の母音がきて、初めてしっかりした音になります。

 

小さな子供の発音が良いのは、文字の音がきれいだから

小さい子供達は英語の音を出すために、口の形を作って声に出してみます。

そして最後の子音までしっかりと似せていきます。

例えば、" above " を綺麗に言えると、文として使ったときに、全体がスムーズに聞こえます。

 

子供たちは母音も上手ですね。「レモン」だか「レマン」だかの微妙な違いも軽々とコピーし、「れ」とも言いません。すごいなぁと思います。

 

もちろん、apple とumbrella の「ア」の違いもバッチリ。

彼らは聞いたまま、音の力具合まで真似するのですね。

 

子供と同じように、物まねしてみると楽しいです!

ハロウィンですから、子どもと一緒に言ってみましょう。

物まねの気分でやると楽しいですよ。

かぶりものでもちょいとつけて、いつもと違った気持ちで。

かっこよく決めよう!

Trick or Treat !!

 

パンプキンクッキーや、ハロウィン英語練習の記事などを参考に貼り付けます。お時間のあるときに!

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

それではまたね

Bye for now!