fiiney と絵本で英語れんしゅう

大人も使える、絵本を参考にした日常の英語を発信しています!海外旅行の話も書いています

迷いがちな if と when の違いをバッチリ解説 。英語絵本" If You Give a Mouse a Cookie " も参考に。

こんにちは。今日は " if " と " when " の違いです。

いざ使おうとすると迷いますね。分かりやすい違いを例文とともに解説します。

 

英語絵本やシンデレラのセリフ、チケットの注意書きなども参考にして理解を深めましょう!

 

違いは「確実」に起こることであるか、そうでないのか

 

英語絵本 「If You Give a Mouse a Cookie」ではこの違いがよく表れていますので見てみましょう。

また、先日イースターの本の中でご紹介したイースターバニーの中からも、文を引用します。

 

f:id:fiineytoeigo:20200413125535j:plain

" when spring comes,..." taken by fiiney

 

それでは今日も楽しい文でいきましょう!

違いと例文を確かめたら、あとは好きなところを読んで「へぇ」と膝を打ってくださいな。

 

 

 

If と when の違い

分かりやすい違いを例文と一緒に見てみましょう。

 

 < if >

可能性はあるが確かではない

 

I haven't seen Tom this morning.   If you see him, please let me know.

( 今朝、トムを見てないんだ。見かけたら教えてね )

 

あなたがトムを見かける可能性はあるけど、確実ではない。

 

< when >

確実である、可能性が高い場合

 

Tom will be soon here.   When you see him, please let me know.

( トムがもうすぐ来るんだ。見かけたら教えてね )

 

もうすぐ来るので、見かけるのは確実。

 

同じ「見かけたら教えてね」の文でも、見かける可能性が高いのか低いのか。

それを話し手がどう感じているかによって、使い分けているのですね。

 

(可能性の低い) If の例文 

 

if 」を使うのは

・可能性はあるけれど確かではない

・可能性が低い場合

 

If you don't eat the cake, I'll have it.

君がそのケーキ食べないなら、僕が食べるよ

 

If I'm late tomorrow, don't wait for me.

明日わたしが遅れたら、待たなくていいからね

( 遅れるつもりはないけれど… )

 

If you're hungry, let's have lunch now.

お腹が空いてるなら、今お昼を食べよう

 

I'll have a picnic if the weather is nice tomorrow.

明日お天気が良ければ、ピクニックに行くんだ

( 天気のことは分からない ) 

 

( 可能性が高い) when の例文 

「when」を使うのは、それが起きる可能性が高い場合

 

I'm going out for lunch.   When I come back , I'll wash the dishes.

ランチに行くんだ。帰ったらお皿洗うね。

( 確実に帰ってくる )

 

When spring comes, my garden will be filled with flowers.

春が来たら、お庭は花でいっぱいになるでしょう。

( 春は来る )

 

When I come to see you next, I'll bring the books.

次に会いに来るとき、本を持ってくるね

( 確実に来る)

 

Raise your hand when you finish.

終わったら手を上げてください

( 確実に終わったとき )

 

Don't drive when you're sleepy.

眠いなら運転してはいけないよ

( 眠いとき )

 

f:id:fiineytoeigo:20200413132043j:plain

春の花 クレマチス by fiiney


 

 

「もしもねずみにクッキーをあげたら」という題名の有名な子供向け英語絵本です。

( 英検 Jr の「絵本で楽しむ英語」のページで紹介もされています )

 

" もし、ねずみにクッキーをあげたら…

 

こう始まる物語は、欲しがり屋 ( いや、 頑張り屋 ) のねずみの要求につきあったてら、面白いことがたくさんあったね、というお話し。

 

「たら」がたくさんでてきます。さぞかし " If " の連発だろうと思いますよね。

ところが!

 

20数ページあるこの本の中で「if」はたった一度しかでてきません。それはどこだと思いますか。

 

思いついた方、いらっしゃるかな。

そうです!

最初の一文

 

英文での展開を見てみましょう。

引用いたします。

 

 

 If you give a mouse a cookie,

 he's going to ask for a glass of milk.

 When you give him the milk,

 he'll probably ask for a straw.

 When he's finished, he'll ask for a napkin. 

---If You Give a Mouse a Cookie 

by Laura Joffe Numeroff  ---より

 

「もしねずみにクッキーをあげたら

牛乳がほしい、っていうだろうね。

牛乳をあげたら、たぶんストローがいるっていう。

飲み終わったら、ナプキンをちょうだいっていうだろう」

 

このように「when」のところも「たら」や「れば」と訳す方が自然です。しかし「if」ではなく「when」を使っている。

もうおわかりですね!

 

 

If You Give a Mouse a Cookie (If You Give...) [並行輸入品]

If You Give a Mouse a Cookie (If You Give...) [並行輸入品]

 

 

「~たら」は全て" if " ではない

今まで書いてきたように

   If  :     

 可能性はあるが不確かな場合

 when :

 可能性が高い、確かである場合

 

最初の文は「ねずみにクッキーをあげたら…( どうなるかなぁ )」というまだ不確かな状態。→ if

しかし次の文からは「クッキーをあげた状態」に基づいて進んでいく。→ when

 

日本語ではどちらも「~たら」ですむのに、英語では使う単語が違う。これを知っておくと、会話にも役立ちますね!

 

では練習問題、いってみよう!

 

If と when の使い分け練習

(    ) に If か when を入れてください。

1.

(      ) you have time this afternon, will you go and eat cheesecake with me?

 

2.

My mother always buy me some snacks (             ) she goes shopping.

 

3.

It's difficult to get the ticket. (          ) I can get one, I'm sure I'll go .

 

こたえ:

1. if  

決まってないので、誘っている

 

2. when

行くときにはいつも、という意味

 

3. if

チケット取るのは難しい=可能性低い

 

 

シンデレラのセリフに見る " if "

ディズニーの「シンデレラ」の中にも、継母のセリフに印象的な「if」のシーンがありますね。

 

舞踏会に行く権利は全ての女性にあると知って、自分も行けるというシンデレラに対して、継母が言ったこのセリフ。

( 行けない理由なんてないわね) の次。引用します

 

 

 " If you get your work done, and if you can find something suitable to wear."

 

--from " Cinderella " 

 

 「仕事が終わったらね。そしてちゃんとしたドレスを見つけられるならね」

 

ここで意地悪姉たちが「おかあさま!」( 行かせるつもりなの?) と詰め寄ると、継母は

" I said, if." と不敵な笑いを浮かべています。

 

通常「仕事が終わったら」「宿題が終わったら」の文は「when 」を使います。始めた仕事は終わるものですからね。

 

しかしここでは、継母は「シンデレラが仕事を終える可能性」は低い、と踏んでいるわけですね。

おお、こわい。

話し手の気持ちがよく表れた「if 」の使い方だと思います。

 

チケットの注意書きにみる "if "

もうひとつ、コンサートや劇場の予約確認や、チケットの裏ある注意書きによく見られる「if」です。

 

先日記事にした「ドイツのノイシュヴァンシュタイン城」のチケット予約確認書にもこんな記載がありました。

 

 " If you fail to meet the pick-up time, your reservation is cancelled automatically and the service fee will be charged !! "

「チケット引換に間に合わなかったら、予約は自動的にキャンセルになり、料金は課せられます」

 

おお、こわい!

 

ここでも「if」ですね、可能性高くみる「when」なんて使ってませんね。

 

ちなみに、私達は「チケット引換」には間に合っています。何が起こったら知りたい方はこちらです。↓↓

 

www.fiineytoeigo.com

 

イースター絵本に見る " when "

先日ご紹介したイースターの絵本の一冊。 " Easter Bunny's on His Way! " です。

 

イースターにイースターバニーがやってきて、子ども達と「すること」がストーリーになっている絵本。

 

こちらには「when 」が繰り返し使われています。ひとつ引用してみます。

 

 

 Oh, we'll all run out to see him when he comes!

--- Easter Bunny's on His Way! 

  by Brian James より

 

「彼がきたら

 ぼくたちみんな外にでて

 彼を迎えにいくだろうな」

 

イースターにイースターバニーが来るのは確実なので、

if he comes ではなく

when he comes なのですね。

 

まとめ/ if とwhen は可能性の高さの違い

話し手が考えている「可能性」

高い・確実 = when

低い・あいまい = if

 

会話のときに迷ったら、この感覚で使っていきましょう。

 

本やドラマ、映画なども使い方に気をつけて観ると、また楽しいです!

 

一生懸命宿題している子供に

" If you finish your homework,  .." 

と言ったら失礼ですね!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

ご紹介したイースターの本の記事や「シンデレラを使って英語」もありますので貼り付けます。

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

それではまた!

See you!