fiiney と絵本で英語れんしゅう

たのしい英語、旅行、お庭のことなど

葉牡丹 挿し木から寄せ植えまでの記録 ( ガーデンルビー )

こんにちは。今日は「葉牡丹 ガーデンルビー」の挿し木から寄せ植えまでの記録です。

 

冬に買った株から春に挿し木をとって、夏を超え次の冬に寄せ植えするまでを、いくつかの写真とともに、ご紹介します。

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180429j:plain

葉牡丹挿し木から寄せ植え by fiiney

 

余談ですが、昨夜の NHK スペシャル「新型コロナ " 第3波 " 危機は乗り越えられるのか」を見て、医療現場で働く方の労働の過酷さを改めて感じました。

 

取材を受けていた看護師さんは家族と離れ、友達とも遭わず、小さなホテルの部屋と集中治療室とを往復する毎日。

 

見ているだけで息のつまるような防護服を着て、何時間も続ける看護。そうして10ヶ月たったという。

 

気力も体力も、ぎりぎりの状態だということだ。

 

人の流動を減らすことが感染拡大を防ぐキーだ、と専門家が言っている。

私も、自分ができることを続けようと思う。

 

ストレスが溜まっては長続きしないので、上手に息抜きもしよう。

 

植物に触れるのはストレスを軽減させるそうですよ!

 

ガーデンルビーというこの葉牡丹は「メタリック調」と表現されるように、シルバーがかったブルーパープル色がシックです。

 

では、この葉牡丹を挿し木で増やした記録です。

 

 

 

 

購入当時の葉牡丹ガーデンルビー 12月

 

まずは、購入した「葉牡丹 ガーデンシルビー」を使った寄せ植えの写真です。左手前が葉牡丹 ガーデンルビー。

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180222j:plain

葉牡丹ガーデンルビー by fiiney

 

 寄せ植えの出来具合は別として、葉牡丹はきゅっとしまりお花のような雰囲気です。

 

ガーデンルビーは白い花ともよく合って、冬の間、庭を彩ってくれました。

 

春になると枝をグンと伸ばします。普段なら切ってしまうこの枝ですが、挿し木にするつもりで伸ばしたままにしておきました。

 

5月の葉牡丹 挿し木を取る

 

 5月、成長したガーデンルビーから挿し木をとる。取った部分は:

 

伸びた枝の横に出てきた新葉

枝の所々にある、葉のついた部分

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180230j:plain

春の葉牡丹ガーデンルビー by fiiney

 

切り取った芽の切り口を、ハイポネックスを薄めた液につけて置き、順に細かい赤玉土に挿します。

 

これが挿したところ。他にもいろいろ挿してありますが、上部真ん中の青っぽいものが葉牡丹です。( 5月22日 )

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180236j:plain

葉牡丹ガーデンルビーの挿し木 by fiiney

 

 

置き場所は、午前に木漏れ日があたるような明るい日陰

 乾いたら水をやりながら成長を見守りました。

 

7月、葉が多くなってきました。

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180248j:plain

葉牡丹ガーデンルビーの挿し木 by fiiney

 

 

7月 鉢に移す

成長し混みあってきたので鉢に移す。

鉢は小さなもの。( 7月16日 )

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180300j:plain

ガーデンルビーを鉢に移す by fiiny

 

 

細かい根がたくさんついています。

それぞれ、木漏れ日が当たる場所に置いておきました。

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180306j:plain

鉢に移したガーデンルビー by fiiney

 

まだ小さいので暑さはよくないだろうと、涼しくて日が当たるところを選んで 置いておきました。

 

しっかりしてきたし、色もシルバーで綺麗です。

 

8月 虫に食べられる

 

挿し木の管理中、8月だけは大変。

水やりは早朝にし、朝の陽にあて午後は涼しいところに移動させました。

 

どんどん大きくなって頼もしかったのですが、帰省から帰ってきたら、こんな姿に…。

 

ずいぶんと虫に食べられてしまいました。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180408j:plain

虫に食べられたガーデンルビー by fiiney

 

 一番小さな鉢は葉の数が減ってしまったので破棄。( 右下 )

 

中段右の虫食いのひどい鉢はその後、葉が増えて回復しました。

 

9月~11月の様子

 

虫に食べられながらも成長を続けたガーデンルビーたち、9月にはなぜか緑色になってきた鉢もあります。

 

この頃から、西日は避けながらも、積極的に日当たりに置くようにしました。

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180416j:plain

9月のガーデンルビー by fiiney

 

日がたつにつれ、葉の質感がぽってりとなり、青さも増します。

11月、寒くなるとともに色が濃くなってきました。

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180421j:plain

11月のガーデンルビー by fiiney

 

少し間延びしていますが、なかなか良くできたと思います。

 

11月下旬 寄せ植えにする

 

気温が下がってくると成長は止まり、良い色になってきました。

 

4月から夏を超え、7ヶ月ほど見守ってきたガーデンルビーの挿し木。

 

ついに、これらを使った寄せ植えです!

 

f:id:fiineytoeigo:20201213180136j:plain

挿し木の葉牡丹で寄せ植え by fiiney

 

他にピンク系も作ったのですが、お気に入りはブルー系。

 

記事の最初に載せた写真の、アネモネと寄せたガーデンルビーも、挿し木から育てたものです。

 

商品のガーデンルビーはこんもり、きゅっとしていますが、私の挿し木は間延び気味。

それでも色は再現できました。

 

基本、置いておくだけで幾つもできたので満足です!

 

冬の陽は、1年でいちばん透き通っている気がします。 

この葉牡丹は陽を受けると、名前のとおり宝石のように輝くのですよ。

 

冬の庭に、きらりと光る鉢があるのが好きです。

みなさんはどんな冬のお花が好きですか。

 

読んでくださってありがとうございます。

最後に、庭に関する記事をはりつけさせていただきます。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

ガーデニングの本は、見ているだけで良い気分になりますね。

  

ポール・スミザーの自然流庭づくり

ポール・スミザーの自然流庭づくり

 

 

 

 

一年中美しい 手間いらずの小さな庭づくり

一年中美しい 手間いらずの小さな庭づくり

 

 

 

 それではまた。さようなら。