fiiney と絵本で英語れんしゅう

大人も使える、絵本を参考にした日常の英語を発信しています!海外旅行の話も書いています

マサキの切り戻し。「大丈夫」と職人さんが言ったから、今日はマサキを強剪定

こんにちは。休日なので英語ではなくて、今日は庭木のお話し。

生垣のマサキの強剪定( 切り戻し ) をしました。

 

強剪定は二~三年前から試しています。きっかけはマサキの下葉が落ちてしまって、生垣なのにスカスカな状態になってしまったから。

 

今ではフサフサになった木もありますので、誰かの参考になるといいなと思ってご紹介します。

 

いったい、マサキの切り戻しなんて誰が調べるんだ?…っていう現実はおいといて。

まずはこれが、今日切ったマサキ。ちょっと切りすぎたかな…

 

f:id:fiineytoeigo:20200223225413j:plain

マサキ taken by fiiney

 

 

 

マサキの切り戻しに挑戦するまで

 

うちには私の手に負えない高木があって、何年かに一度職人さんに剪定してもらっています。手の届く高さの木は全部、私が切る。

 

木の剪定って、けっこうお金がかかるのだ。

 

それに、木にはそれぞれ剪定時期というのがあって、来てもらった時についでに全部やってもらう、というわけにはいかない。

 

いつも庭の木が綺麗に整っているのって、すごくお金がかかっているんだろうな、と思う。うちの場合は、必要なのは私の体力。

 

なので、たまに来てもらったときにはいろいろ聞く。特に自分で剪定するマサキについて。

 

仕事が済んだ後に引き留めるのは悪いので、ちょっと手を休めた頃を見計らう。

 

「こんなにハラハラと下の葉が落ちてしまって、どうしたらいいんでしょう」

 

「あぁ」とマサキを見て「なるんですよねぇ」と頷く職人さん。「木はみんなそうですけど、上へ上へと伸びますから」

 

「どうすれば落ちないんですか」

「下の葉は特に大切にしてあげるといいんです」

 

特に大切に!?

よく褒めるとか、たまに抱きしめるとか?

 

「こまめに剪定して空気が通るようにしたり、葉をすいて陽が当たるようにしてあげるといいんですよ」

「ああ」

 

こまめなケア、ね。

 

「じゃ、こうなっても陽が当たれば、また葉が出でくるんですか」

「いや、それはないです」

 

ない?

 

「もう生えない」

「もうはえません」

きっぱり。

 

特に、細い枝がポロポロと落ちて、そこに小さな丸い穴が見えるような状態だと、そのあたりに新しい葉がでてくることはないそうです。

 

じゃあ、どうしたら?と聞くと「あとは強めに切り戻す、という方法がありますねぇ」ということ。「まぁ、生えてくるはずです」

 

え~。そんなあいまいな…

「切るとしたらいつ頃ですか」

「新芽が動き出す前の3月頃です」

 

うーん、どうしようかなぁ。

 

そんなやりとりを、何人かの職人さんと交わしていたある年、ちょっとばかり年季の入った職人さんがこう言いました。

 

「奥さん、マサキはね、丈夫だから。切っちゃっても平気だよ」

 

そうですか?✨

「ここはまぁまぁ日も当たるし、大丈夫だよ」

 

大丈夫?!

 

というわけで、そこからまた何年か悩んだけれど、おととし、初めて強剪定をしてみました。

 

マサキの剪定時期

通常の剪定は、年二回。6月頃と10月頃。

真夏は控える。と教わりました。

 

東京だと6月はもうかなり暑いので、私は5月の終わりくらいに剪定しています。

 

成長が早いので放置するとどんどん伸びていきます。

 

こんなふうに剪定しています

 

植えた頃は伸びるのが嬉しいものですが、きちんと刈っていくことで、逆に樹勢を保つことになるそうです。

 

とくに上にひょろんと伸びた枝は、切った方がいい。

ついつい「もっと伸びてね」と見守ってしまいますが、そうではなくて、パッチンと切った方が、横への枝の成長を促すようです。

 

横や手前にでっぱりすぎた枝も切ります。

 

私はまず、目立ってすっと伸びたものを切ります。それから全体的に新しく伸びた葉を1節か2節切っています。

 

全てをするのはとても大変ですが、できるだけ。

 

そうするとそこから新芽が出て、とても綺麗なのです。

春の始めは、こんなふうになります。

 

f:id:fiineytoeigo:20200223230100j:plain

マサキ taken by fiiney

 

大切なのは風通しと日当たり

マサキは比較的、日陰に強い木ですけれど、日当たりは大事。

 

風通しも同じくらい大切だそうです。生垣なので密集させたいところですが、弱った枝や痛んだ葉、病気になった葉は切り落として、全体にすっきりさせるといい、と。

 

そうやって整理すると、葉に日光があたって、元気になっていくように見えますよ。

 

二年前に切り戻しした枝、今の様子

 

二年前に強剪定した枝です。少し見えにくいけれど、右寄りの真ん中あたりに切った跡があります。もう固くなっています。

 

f:id:fiineytoeigo:20200223230447j:plain

マサキ taken by fiiney

 

その下から枝がいくつも出てきて、今ではフサフサとしています。

全く葉がない状態だったのがここまで生えて、とても嬉しい。

 

f:id:fiineytoeigo:20200223230610j:plain

マサキ taken by fiiney

二月なので葉が古く、色が濃いですが、春には新芽が多くなって綺麗な黄緑色になるはずです。( これは斑の入ったタイプです。)

 

ここも、六月に枝を整理した方がいいだろうと思っているところ。

 

こまめに切って、横芽を出してやりたい。

 

強い切り戻しについては、一度に何本もすると、見たかんじがあまりに寂しくなるので、隣の木とのかねあいを見ながら、試してきました。

 

早い木では1年くらいで新しい枝が増えました。遅いものでは2年たっても細い枝がチョロチョロ、という木もあります。

 

もともとの樹勢や、植わっている場所にもよると感じます。

 

それでも日当たり、風とおし、そして粘り強いケアを続けることで、3年目に元気のいい葉が出てきた木もあります。

 

 

マサキの剪定、まとめ

年に2回 ( 6月、10月 ) 伸びすぎたところを剪定をして

風通し、日当たりを確保すること。

 

これで病気にもなりにくいそうです。

 

成長の早い木なので、強めに剪定しても大丈夫。

切り戻しは新芽が出る前の 3月頃が適している。

 

* 初めは職人さんに相談することをおすすめします。

* 今年は暖かいので早めにしてみました。

 

マサキは年数が経つとどうしても下の葉が落ちていくようですが、きちんと剪定をして、木を元気に保つことは大切です。

 

春が楽しみです。今回切った木に新しい枝が出たら記事にとりあげたいな。

書きました! ↓↓ 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

ずいぶんと先の話だから、それまでブログを続けていられるようにしないと。

そっちの方が怪しいくらいなので、頑張ろうと思います。

 

剪定を英語で ( おまけ )

剪定をする、は prune 

 

果物のプルーンと、綴りも発音も同じ。

プルーンは名詞ですが「剪定するは」動詞なので、こんな風に使います。

 

I think I have to prune extra leaves from the tree.

 

私はインスタで気楽で楽しい英語を取り入れています。素敵な風景やお花のインスタを紹介している記事もあります。↓↓

 

www.fiineytoeigo.com

 

 海外旅行の写真を載せた記事もあります。↓↓

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com

 

それでは、また。See you!