fiiney と絵本で英語れんしゅう

大人も使える、絵本を参考にした日常の英語を発信しています!海外旅行の話も書いています

上海バンドの歴史を垣間見れる「ウォルドーフ・アストリア上海オン・ザ・バンド」のサービスが心地良かった

こんにちは。フィーニィです。前回に続いて上海にて。

 

上海の外灘 ( バンド ) に建つお洒落なホテル。

きらびやかなオールド上海の空気を保ちながら、洗練されたホスピタリティを持ち合わせているところに、すっかり魅了されてしまいました。

 

異次元的な高級さを感じたヒルトン系の「ウォルドーフ・アストリア上海 オン・ザ・バンド」。部屋や外観、ロングバーやラウンジ、朝食の写真とともにレポートを書きます。( 2018 1月末の旅行です )

 

 

 

フロント、部屋は新館

このホテルは1920年代の建物を改装した部分と、新しい建物とが繋がっています。古くからの建物にはとっても素敵な部屋があるそうですが、私達が泊まったのは新館の方。ピカピカに磨き上げられたフロントも新館にあります。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200105004217j:plain

バスルーム

 新館のお部屋も美しい。

バスルームは大理石。あまりに綺麗で何枚も写真をとってしまう。

 

大きなバスタブからは部屋を通して夜景も見られる窓がついている。その窓はスイッチ1つで不透明に変わるので、プライバシーも保たれる。別にシャワーブースもついています。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200105004720j:plain

部屋の様子

 

f:id:fiineytoeigo:20200105004833j:plain

刺繍が綺麗なベッドカバー

プレゼントのような袋に入ったスリッパもフカフカ。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105005021j:plain

部屋のソファ

床のラグやソファの生地も、光沢がありながら抑えめの色で綺麗。パイピングのピンの打ちさえ素敵に見えてしまう。隣には大きめのライティングデスクがあって、窓からの景色を眺めながら書き物もできそう。 ( な気がする … )

 

f:id:fiineytoeigo:20200105005222j:plain

coffe and tea

 

果物とクッキーが置かれていたので、コーヒーを淹れていただく。とても美味しい。クッキーは全部食べてしまう。

 

夜には川向う( 浦東 ) の高層ビル群が美しい。派手な船も通る。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105005654j:plain

窓からの眺め

 

 

 

旧上海クラブの面影を残す外観

2011年に改装され営業を開始したこのホテルは、川側は旧上海クラブの建物。ネオ・バロック様式のクラシカルな雰囲気を残していて、ロングバーも再現されています。

 

f:id:fiineytoeigo:20200104233526j:plain

WALDORF ASTORIA SHANGHAI on the BUND

 

旧館は内装も1920年代の趣

「上海クラブ」とは : 

アヘン戦争後に開かれた上海に設置されたのが、イギリスやロシア、アメリカなどの「租界」。中でもイギリスは上海の政治、経済、文化の形成において主要の役割を担っていた。以下「上海 多国籍年の百年」( 中公新書 ) の中から関係する箇所を引用します。

 

イギリス人。「自由都市」としての街の基盤を作った。大英帝国のプライドとライフスタイルをそっくり持ち込み、政治・経済の各面において支配の中枢に君臨した。

 

上海 多国籍都市の百年榎本泰子著 中公新書 

 

彼らの社交場として建設されたのが「上海クラブ」。バンドの一角にあったこの建物が、現在のウォルドーフ・アストリア上海オン・ザ・バンドに生まれ変わるわけです。

 

建物の描写も、先の本からまた引用します。

 

正面にギリシア風の円柱がそびえる堂々たる建物である。大理石の階段を上って玄関ホールに入ると、中二階にヨーロッパの劇場のようにバルコニーが張り出している。奥には世界一と長いと言われた三〇メートルものバーカウンターがあった。

 

上海 多国籍都市の百年榎本泰子著 中公新書

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200105002431j:plain

外灘側のエントランスホール

新館と旧館を結ぶ通路

新館でチェックインをして、新館の部屋で荷を解いて、さあ、旧館へ。朝食会場のGarden Brasserie を斜め横に見ながら進むと、旧館への連絡通路。今まで滑りそうなくらいピカピカだった床が絨毯敷になって、音さえ静まる感じ。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105112354j:plain

Garden Brasserie

f:id:fiineytoeigo:20200105112157j:plain

旧館への通路

柱が木製になり、落ち着いた雰囲気。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105002610j:plain

旧館のホール

 

高い天井には大きなシャンデリア、クリームがかった壁の色 。バロック様式の内装が およそ100年の歴史を感じさせてくれる。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105112708j:plain

旧館のホール

 

f:id:fiineytoeigo:20200105113414j:plain

黄浦江側の外へ出るドア

 

 

 階段の下にドアマン ( というより若い女の子 ) が駐在していた。雪だったので傘が要りようか聞いてくれた。

 

外に出ると空はグレイ。建物の色と合ってかっこいい。 

 

 

f:id:fiineytoeigo:20200104233804j:plain

BUND in Shanghai

 

バンドとは、船着き場という意味だそうです。現在プロムナードーデッキになっているところは、20世紀初頭はジャンク船、汽船、各国の軍艦であふれていた、と前出の本にある。

 

芥川龍之介が船で着いたのも、このバンド ( 外灘 ) 。

  

街路樹と20世紀初頭の雰囲気を残した建物たち。天井モザイクが有名なドームのついた上海浦発展銀行( 1923年築 ) や、時計台のついた上海海関( 1927年築 )、アールデコ様式の旧サッスーンハウス( 右奥の三角塔 1929年築 ) も見える。

 

時間を逆戻りしたような気分になる。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105113948j:plain

外灘プロムナード

 

今でも黄浦江を渡る遊覧船の船着き場がすぐ近くにあります。15分くらいで向こう岸につくので、のんびりと乗ってみました。上海タワーからの眺めは、現代の上海そのもの。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105153212j:plain

上海の高層ビル群

 

 ホテルに戻ると、脇の通用口のドアが開いて中のシャンデリアが見えた。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105113749j:plain

通用口から見えたシャンデリア

 

 

 

ロング・バーはオールド上海の雰囲気

名物のロング・バーに行ってみました。

上海クラブ当時のロング・バーを再現したとあって、シックな造り。ジャズの生演奏も素敵だった。

f:id:fiineytoeigo:20200105001315j:plain

ロングバー in WALDORF ASTORIA 上海

暗すぎて、メニューが見えなかったのでスマホのライトをつけて注文した飲み物。ウェイトレスさん達は、目を上げたり頭を回したりすると、スっとやって来る。 一呼吸おいたタイミングが気持ちいいものでした。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105002128j:plain

ロングバー

f:id:fiineytoeigo:20200105002216j:plain

ロングバー

 黄浦江に向いた窓は高く、大きい。。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105003546j:plain

ロングバー

壁の木の色や質感がイギリスのボドリアン図書館で見た雰囲気と似ていると思う。

 

夜のバンドは豪華にライトアップ

 日本ともヨーロッパとも違う。これがバンドの夜の景色。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105114228j:plain

外灘、夜のライトアップ


 それぞれの建物がライトアップされてとても綺麗。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105115414j:plain

外灘

雪で濡れた地面にライトが反射している、そのきらめきが上海らしい。

f:id:fiineytoeigo:20200105115657j:plain

外灘

 

ラウンジは広いリビングのよう

 

ラウンジは二階で中に柱が無く、吹き抜けスペースをきっかけに緩く区切られている。

リビングと書斎が一体になったようなインテリアで、ソファの後ろの置物や、壁面の本棚がシック。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105120438j:plain

ラウンジ

f:id:fiineytoeigo:20200105120659j:plain

ラウンジ

飲み物とクッキーなどが置いてあって、広く静かでゆっくりできます。

 

朝食のガレットが美味しい

朝食は洋食。ふんだんで、どれも美味しい。コックが何人も並んでいて「いかようにも作ります」というような雰囲気。

 

メニューに「ガレット」があったので具を選んで注文してみました。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105123749j:plain

ガレット

 色があまりよくない写真ですが、生地の端がカリカリで中心はしっとり。中のチーズやハムもとっても美味しい。玉ねぎとほうれん草も入れたけど、分量が絶妙でした。

 

今まで食べてきた朝食の卵料理の中で、一番美味しかった!

これを食べるために、またいつかこのホテルを訪れたい。他の具でも食べてみたい。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105124455j:plain

朝食

f:id:fiineytoeigo:20200105124519j:plain

バター

バターさえ写真にとってしまうほど、気持ちが上がった。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105124434j:plain

朝食

中庭が見えます。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105124744j:plain

中庭

f:id:fiineytoeigo:20200105124818j:plain

パンたち

フードカウンターでは黒服のサービスマンが笑顔を向けてくれるので写真を撮る勇気がでなかった。パンのテーブルで一枚。

 

 

 

何度も訪れたくなる心地よいサービス

このホテルは全体的にとても優雅な空気が流れていて、何をお願いしても笑顔ですぐに応えてくれる。というか、ぼーっとしていると " Hello." や " What would you like? " や " What shall I do for you? " などの声かけを爽やかな笑顔でしてくれる。

慇懃な感じではなくて、爽やかなのです。朝食で見当たらなかったケチャップも軽やかに出してくれました。

 

レセプショニストやドアマンも、控えめでありながら迎える気持ちに満ちていて「役に立ちたい」という雰囲気がある。スタッフみんながそうなのだからすごい。

 

こんな高級なホテルで足がすくむわぁと思ったのですが、すぐにリラックスして歩けました。やるなぁ、アストリアホテル、さすがです!

 

最後にもう一枚、ネオ・バロック様式のバルコニーを。

 

f:id:fiineytoeigo:20200105130110j:plain

WALDORF ASTORIA SHANGHAI on the BUND

 

I really, really want to visit Shanghai and stay at the hotel again !!

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ではまた!

 

関連する記事を貼りますので、いつかお時間のあるときに読んでくださったら嬉しいです。

 

www.fiineytoeigo.com

 

 

www.fiineytoeigo.com