fiiney と絵本で英語れんしゅう

大人も使える、絵本を参考にした日常の英語を発信しています!海外旅行の話も書いています

芥川龍之介が赴任した上海。私が行ったのは「豫園」とカニの有名店「成隆行蟹王府」

Hello! It's me, fiiney.  昨夜のドラマ「上海の芥川龍之介」を見て「ルールー」に涙したフィーニィです。

 

そうだわ、私も上海に行ったんだ、と写真を載せることにしました。重要文化保護財である「豫園」と、オールド上海の雰囲気を残す、蟹料理の有名店「成隆行蟹王府」です。

 

豫園が建てられたのは1559年。ドラマの中で芥川龍之介が取材に訪れる政治家や思想家たちの居に造りが似ているのです。

 

 

 

「ストレンジャー上海の芥川龍之介」ご覧になりましたか

 

先週たまたま告知を見て興味をもったので、上海の歴史、特に外灘が発展したあたりの本をいくつか見繕って借りてきていた。

 

綺麗でおしゃれなイメージを持っていた上海だけど、本を読んでこの街の歩んだ歴史をほんの少し知りました。ドラマではセリフの中に芥川龍之介の書いた言葉が使われていて、彼の見た上海を、事実の部分は忠実に再現しているのだなと思う。

 

どこの場所であっても、政治が激しく変わろうとする時代に生きるのは大変なことなのだろうな。まして、外国の大きな力と共存しながら、衛生や道徳まで手が回らない時代であればなおさらのこと。

 

人々は懸命にしたたかに生きていた。政治や学問や経済、なにもかもが混沌としている世の中そのものを変えようとする者たちと、「今の自分」を変えようと一歩を踏み出す個人と ( ああ、ルールー ) 、抱える問題は違えど、志は同じなんだろうな。

 

あの時代を生きた人みんなが、今の時代を作っていると思いたい。

 

成隆行蟹王府の蟹コース

お店の名前の読み方は「チョンロンハンシエワンフー」。場所は大丸百貨店のある南京路から一本入った、九江路。近くは繁華街で明るいけれど、店のあたりは夜は暗いです。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231202537p:plain

成隆行蟹王府

 

外観は石と木の具合がとてもシック。

ここは蟹コースが有名で美味しかった。しかし量が多いので、スープ飲みほしていくと、あとで後悔します…

 

f:id:fiineytoeigo:20191231161705j:plain

蟹コース 先付け

箸置きが蟹でかわいい

f:id:fiineytoeigo:20191231161737j:plain

蟹スープ

これが、おいしいのだけど、お腹にたまるスープ。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231161929j:plain

蟹コース いためもの

蟹と野菜。これもまた美味しい。淡泊な味なのでパクパクと食べられる。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162011j:plain

蟹コース 豆腐料理

麻婆豆腐のような一皿。これも、とってもおいしいけれどお腹で膨れるタイプの料理です。全部食べてはいけないのね。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162116j:plain

上海蟹

とうとう上海ガニの登場。お店の人が、この細い脚を一本ずつさばいてくれる

 

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162221j:plain

小籠包

こんなかわいいのが出てきて嬉しい。柔らかくて皮も中身も美味しい。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162329j:plain

蟹の麺

蟹が入った麺。一番好きな味でした。お腹はいっぱいだけどね。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162428p:plain

成隆行蟹王府の店内

時々、店内を眺めてお腹を動かす。二階の席は個室で、ほぼ満室。 ( 2018年1月27日 ) 予約がお勧めです。一階にステージがあって、弦楽器の演奏をしている。明清調の雰囲気が面白い。

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162811j:plain

蟹コース ご飯の共

こんな綺麗なお漬物がでてきて、もちろんご飯です。さっき麺も食べたけどね。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162921j:plain

蟹コースご飯

味に変化があって、このご飯も美味しかった

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231162953j:plain

蟹コース まだ続く

絶体に順番、間違えたよね? と思うような、野菜の炒めものに蟹あんがかかった料理。

たとえあんかけでも、汁系はもう無理だよね!とブツブツいいながら食べる。

塩味がすごく美味しい。

 

そして、デザートもでてきましたが、写真を撮る気力も残っていませんでした。何だったかも覚えてない…

 

もし、行く予定のある方がいらしたら。最初のスープを全部飲んではいけない!セーブしながら食べましょう!あとから、汁物、あんかけ、続きます!

 

それでも、とっても美味しかった。蟹味噌は濃くて美味です。

 

次は「豫園」です。
 

江南様式の名園「豫園」

1559年、上海出身の四川長官、潘允端が父親のために築いた庭園である「豫園」。

入口がくり抜いた円だったり、塀が直線でなかったり。壁の上に竜がいたり。

 

16世紀の中国の身分の高い人は、こんなところに暮らしたのね。

f:id:fiineytoeigo:20191231164241j:plain

豫園

せり上がった屋根、石の土台、凝った欄干。大きな敷地にたくさんの建物が迷路のように広がっています。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231164514j:plain

豫園

書をする部屋。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231200625j:plain

豫園

 

ドラマ「ストレンジャー上海の芥川龍之介」で取材に行く政治家や思想家たちの住まいに似ている。確かに、寒そう。というか寒かった。( 冬だったし )

 

f:id:fiineytoeigo:20191231200811j:plain

豫園

 

 

 

f:id:fiineytoeigo:20191231201101j:plain

豫園

「4本爪の龍」は皇帝の象徴である爪が5本の龍と区別するために爪が4本なのだそう。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231201325p:plain

豫園

 「月亮門」回廊の途中を仕切る門。円形なので奥行きがよけい深く感じる。

 

夜は金ピカ「豫園商城」

 

f:id:fiineytoeigo:20191231201549j:plain

豫園

庭園に隣接している、土産物や飲食店が並ぶエリア。「豫園商城」

夜は金色にライトアップされています。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231202020j:plain

豫園商城

 

 水に浮かぶように建っているのが、ことさら綺麗。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231202203j:plain

豫園商城

 

お店に売っている品々が面白い。これはおおきな「そろばん」のよう。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231202333j:plain

豫園商城

右手前の白い壁が、小籠包のお店。

 

f:id:fiineytoeigo:20191231202642j:plain

小籠包

もちもちで美味しかった。 

読んでくださってありがとうございます

もうすぐ 2019年が終わりますね。今年は「ブログを始める」という新しいチャレンジをした年でした。パソコンさえ詳しくないのによくやった。

 

これはひとえに、「初心者にもわかるブログ開設の方法」を書いてくださっている方々のおかげ。

 

そして、さまざまな「え~これどうしょう~。もうダメかも」という困難を乗り越えられるような「初心者向け、こんなときにはこうしたらいいよ」という記事を書いてくださっている方々のおかげ。

 

ネットの世界ってすごいですね!おばちゃん感動しています。

 

来年もみなさんにとって素晴らしい年でありますように。

それではみなさま、また来年!

 See you soon!!